不思議な話 その221 夢の中でのテレパシー受信。


特別なテレパシーの能力がなくても、無意識状態となる夢のなかで、テレパシーを送ると、多くの人は、そのメッセージを受信しているかもしれないという話です。

「Collective Evolution」というアメリカのニュースサイト(2016年2月8日)によると、1960年代、アメリカの精神科医のモンターニュ・ユルマン氏とセイブルック大学の心理学者スタンリー・クリップナー氏が、「覚醒中の人が睡眠中の人に、自分の思考を送ることで、睡眠者の夢の内容に影響を与えることを実験で証明していたそうです。

その実験で、テレパシーの「送信者」と「受信者」の被験者達が、面会を短時間ですませて、「受信者」は別の個室で眠りにつきます。「送信者」は、何枚もの絵を見るように指示され、それを眠っている「受信者」にテレパシーで、伝えるようにします。眠っていた受信者がレム睡眠の兆候を見せたら、実験者によって起こされて、どんな夢を見たか夢の内容を語ります。

その結果は、送信者がエドガー・ドガの『舞台のバレー稽古』の絵を見せられると、そのイメージを寝ている受信者にテレパシーで送った所、受信者は起きてから、「少女達のバレー稽古風景の夢」を見たというのです。受信者は「6人くらいの少女達が教室に集まって、その中の1人の少女が、私と一緒に踊ろうとした。」と言いました。ドガの絵にみられる構図を夢で見ていたわけです。

1970年3月15日、アメリカのコンサートで、フォークバンド「ホーリー・モーダル・ラウンダーズ」のコンサートで、聴衆を送信者にした大規模なテレパシー実験が行われたそうです。(60年代、70年代は超能力の実験が真剣に行われたのですね。)バンドの演奏中、メディアアーテストのジーン・ミレー氏が指導して、コンサート会場のスクリーンに6枚の絵、鷲と鷲の巣作り、フェニックス、などその他数十種類の鳥の画像が映し出されました。聴衆は、これらの画像を、コンサート会場から、100マイル(約160キロメートル)圏内の5人の受信者に送信しました。受信者達は、ちょうど、コンサート会場から送信が始まった12時以後に見た夢を記録するように指示されました。

実験の結果は、3人の受信者は鳥ではない動物や果物などの夢をみましたが、「グリフィンやフェニックスのような神話的な鳥」や「海の上を飛ぶ大量のかもめ」をみたという2名の受信者がいたそうです。

私自身も時々予知夢をみたり、親しい人や友人の夢をみますが、相手が連絡したがっているとか、テレパシーと関係している夢が中にはあるのかもしれません。夢を覚えていない人も多いですが、人は人生で、平均して全人生の中で、6年分、約52000時間の夢を見るそうです。私は、過去世、前世、未来世のリーディング以外に、その人の夢と同期して、夢の中に入ることが出来ます。その人が、写真の1場面のようにしか夢を覚えていなくても、その夢の話を、再生し、続けることが出来ます。そこで、過去世に関係のある夢か、未来に関係する夢か、予知夢か、象徴夢か、ストレスを発散しようとしている夢か、あるいは、恐怖から見た夢なのか、分析することが出来ます。熱があるなど、病気のときに見る悪夢は別ですが、たいていは、分析できます。

先日いらしたお客様で感心したのは、詳細な夢日記をつけていらっしゃることでした。その量は数十頁にのぼります。わかりやすいイラストもつけていらっしゃり、凄い記憶力だと思います。予知夢も時々、みられるそうで、幾何学的な模様が出てきたり、人間のDNAの螺旋状の模様が出てくる不思議な夢もみるということです。だれかが、その方に何かを知らせようとしている、テレパシーの夢なのか、あるいは、とても、興味があることを、見てしまうのか、より一層の、分析が待たれます。

不思議なのは、私のみた遠い、遠いビジョンと彼女のみた遠い未来の夢が一致したことです。初めて事務所で会った方なので、未来について話したこともないのに、お互いに描いていたイラストがぴったり一致したという不思議なことがありました。

最初の「Collective Evolution」の話に戻ります。この引用では、ほとんど会話をすることが出来ない重度の自閉症の子供さん達の中に全員ではありませんが、「テレパシー能力」を持つ者がいる可能性が指摘されています。自閉症は軽いものから、重度なものまであるそうですが、社会性やコミニュケーションに障害を持ち、意思疎通が難しいというのが、一般的な見識です。ところが、ほとんど会話ができない自閉症の子供さんに、テレパシーの能力があるというのです。

元ハーバード大学医学部会員のオレゴン州メドフォードの医師、ダイアン・パウエル博士は、言葉を話せない自閉症の子供を研究するうちに、彼らがテレパシー能力を持つことに気づきました。研究対象だった当時2013年に7歳だったヘイリーという少女は、文字や数字を少し言うことが出来る程度でした。簡単な計算もできなかったのに、大人でも手間取る長い計算式が解けました。ご両親は、数学の天才なのではと考えましたが、セラピストが彼女に聞いてみると、ヘイリーは、他人の頭の中を覗いて、回答を書いたというのです。実験の最中の少女を評価するために、そばに数学の出来る人がいたのでしょう。

驚いたセラピストが自分の父親、大家さん、作者と本の名前、ドイツ語の単語など、ヘイリーが知らない情報を尋ねたところ、正確に回答したということです。(セラピストが知っていることを質問したので、セラピストは答えを当然頭のなかに浮かべたのでしょう。)

パウエル博士は、別の被験者の自閉症ではない少年のことも話しています。当時5歳のラムセス君という少年は、2歳で、スペイン語、日本語、ギリシャ後、英語、ヘブライ語、アラビア語、ヒンディ語を自由に聞き、話せる天才ですが、テレパシーや読心術の超能力もあるようで、博士の選んだ数字と乱数表から機械が選んだ数字を言い当てました。17個の数字のうち、16個を言い当てたということなので、その正答率は非常に高いですね。

次回にこの続きを書いて、最新のテレパシー研究の話をしてまとめましょう。
スポンサーサイト

不思議な話 その12 数の不思議と夢の話

 今日のテーマは前半が人間の夢を映像化する話、後半が数字にまつわる不思議な話です。

 前にもブログで夜寝ているときに見る夢のこと、それから夢を映像化することについて書きましたが、科学雑誌『Newton』に「夢解読に成功」と言う内容が載ったようです。ATR脳情報研究所の神谷之康室長を中心とした、研究グループによって、睡眠中の脳の活動パターンを解析することで、夢に現れた物体の情報を高い精度で言い当てられるというものだそうです。夢の内容を客観的に知る技術は初めてで、成果は『Science』オンライン版(アメリカ時間2013年4月4日)に掲載されるそうです。この記事を目にした方も多いと思います。

 引用ですが、脳活動を測定し夢に登場したものを言い当てるということです。(おそらく脳のどの領域に脳内の神経の電気が活動しているか、それを分析して脳のどの部位が反応しているかによって、食べ物の夢か、とか異性(人によっては同性)の好きな人や嫌いな人の夢かとか、仕事の夢かとか判断するのではと私は想像しています。)

 その研究室では、夢を見ているときの脳の視覚野の活動を踏まえ、夢を見ているときの視覚野の脳活動と実際に女性なら女性、食べ物なら食べ物を見ている本人の脳活動と比較して一致していれば、これを見ているのだろうと判断するようです。脳血流などの変化をもとに活動量を計測できるMRI(磁気共鳴画像)装置内で、脳の活動を記録しながら被検者に眠ってもらいます。頭部に装着した脳波計で眠っているかどうかモニターして、夢と関連の強い脳波が出た時点で、被験者に声をかけて起こし、直前にみた夢の内容を30秒ほど口頭で報告してもらうそうです。この過程を3人の男性被験者それぞれに200回行って実験したそうです。(放射線の被曝は大丈夫なのかとちょっと心配してしまいました。)

 次に、報告された夢の内容に含まれる「男性」や「本」「道路」といった20のカテゴリーの名詞に対応する画像を被験者に見せ、その時の脳活動のパターンも記録し、それぞれの名詞にたいする脳活動のパターンのデータベースと夢の映像を比較して70%以上の精度で言い当てられた?ということです。

 これまでに神谷室長は夢の中ではなくて、実際に見ているアルファベットや単純な図形などを脳波計で読み取り、脳活動のパターンから見ているアルファベットや図形の画像を再現することに成功しました。私はこの取材をTVで見たことがあります。夢の解析はさらにここから進んだものですね。今後は色や形などに加え、体の動きや感情などの情報を解読できるかどうか検証されるといいます。

 でも、素人の考えですが、意外と読み取り方は単純ですね。夢は複雑なストーリーを作るので、まだ、その内容を詳しく追うことは残念ながら出来ないようです。

 SF小説や映画ドラマやアニメの世界では、夢を映像化して見せたり、人間の脳から記憶をデータ化して消したり入れたりする技術は頻繁に出てきます。1990年に製作されたアーノルド・シュワルツェネッガーを主人公とした映画「トータルリコール」では記憶の売買の商売が出て来ます。原作はフィリップ・K・ディックが1966年に書いた短編小説『追憶売ります』です。昨年2012年にコリン・ファレル主演でリメイクされましたが、私は両方見ました。私は古い人間なのか、シュワルツェネッガーの「トータルリコール」のほうが意表をついているし、ストーリー特撮も面白かったと思います。リメイク版はアクションシーンが多くて、ストーリー作りがおろそかになったいたように思います。リメイクの設定は地球の中を通って、オーストラリアからイギリスに数時間で移動するというのも無理があったように思います。やはり火星を舞台にしたほうがよかったような・・・
 記憶を売る装置や会社も映画「ブリュードランナー」を意識したのか、変にアジアンテイストで時代が逆行しているように思えました。旧作も新作の「トータル・リコール」も記憶を消されて、新しい記憶を入れられた男が、本当の記憶を取り返して、世界を支配していた権力者を倒すというお話でした。

 ジム・キャリー主演の「エターナル・サンシャイン」(2004年)では、未来の設定で、人間の記憶を部分的に消すことが出来る時代で、恋人同士の男女が恋愛が上手くいかなくなって、お互いに関する記憶だけを消そうとするせつないお話です。相手役の女優はケイト・ウィンスレットです。別れた彼女から、失恋の記憶を消したので、そっとしておいて、という手紙をもらって、主人公は同じ会社に行って、彼女との記憶の部分だけ一晩会社に泊って寝ているうちに消去の施術をしてもらいます。そして、彼は眠って施術を受けながら、彼女との記憶を近い部分から遠くの過去まで逆行していきます。(まるで、私が皆さんの過去世を逆行して見ているときみたいです。)彼は記憶消去をしたことを、夢のなかで後悔します。というのは、今でも彼女を愛しているし失いたくないからです。消去の最後に夢の中の彼女は、「絶対に私に会いに来てね。あなたに会えばまたあなたを思い出すわ」といって消えて行きます。完全に記憶を消した二人が再び出会って何かが始まる予感が・・・というところで映画は終わります。

 PCの記録と同じように人間の記憶の表面の部分をいくら消しても、魂に刻み込まれた記憶は何があっても消えないのです。この映画は生まれ変わりの男女の恋愛を私に思い出させます。

 
 また長くなって、数字の話が描けなくなりました。予告編だけ書きますね。私はあまりこだわりませんが、世の中に、数字にこだわる人はたくさんいます。自分のラッキーナンバーを決めている人もいるでしょうし、スポ-ツ選手は良い成績を上げるために、番号や数字のジンクスを人より気にするかもしれません。

 キリスト教では、俗説で13日の金曜日を嫌いますね。13号室がホテルなどにない場合は意外と多いです。日本やアジアでは、4や9を嫌いますね。これも、ホテル等に部屋ナンバーとしてぬかしてある場合があります。とくに42号室など嫌がられます。姓名判断等でもこの4と2と9に関する画数と0のつく画数を嫌います。

 次回は数字の不思議についてと、もうひとつ不思議なお話を書きましょう。

夢の意味を解き明かす

 夢に関するご相談は少なくありません。

 子供の頃に熱でうなされてみた夢や病気の時に見た夢が妙にいままで印象に残っている、夢にどんな意味があるのか知りたいという方がいらっしゃいます。
 また、自分の将来を夢でみたのではないか?とか、亡くなった家族が夢に出てきて何かを告げたのだけれど、どう解釈したらいいのか、とか、夢に関するいろいろなことを確かめたくて、私の所にいらっしゃる方がいます。

 夢には過去の経験から、あるいは現在のストレスや恐怖心がその不安を解消するためにみるものがあります。たとえば、遅刻して怒られる夢とか、試験がうまくできなくてとか、何かに失敗してあせる夢とかです。それはその人が持っている感情やこだわっていることが、夢という形で現れて、精神や心の健康のバランスを保とうとすることも多いのです。

 それから、食べているところや、落ちている状態とか、飛んでいるなど自分の要求やこうなったら嫌だという状態を夢に見ることもあります。

 その他、象徴夢といって、何かのシンボルだったり、幾何学模様や、サインの様なわけがわからないものから、ある事を象徴する出来事を夢で見ることもあります。

 その他、数はそんなに多くありませんが、確実に予知夢だと思われる相談もあります。また過去世が夢に現れる人もあります。

 私は多くの夢の、なぜそういう夢をみたのか、あるいはそれがどういう意味があるのかを、お伝えします。

 しくみは、その人の夢のイメージを拡大して、その夢の情報を信号としてとらえ、私の頭の中で映像化して、その人が夢の中で見落とした部分も見ていきます。

 限定してはいますが、その人の夢の中に入るということです。

 私の所にいらした方で、まだ独身で、お子さんもいらっしゃらない若い女性がいました。彼女の夢の登場人物は2~3歳くらいの自分と子供と(その時本人は独身ですから夢の中の子供です。)もう一人同じ年くらいの別の子が出てきて、遊んでいたという光景でした。アジア人のようだったというのです。どうも子供の顔が自分に似ているから、それが自分の将来の子供の姿ではないか、とおもわれたようで、相談に来られました。

 私にも彼女の夢の中の同じ映像が、その時見えました。彼女にははっきり見えなかった別の子供が、インド人の子供だということが私にはわかりました。彼女は自分の子供が人見知りをしておびえているので、なだめているところでした。彼女には夢の中の、その他の登場人物はわかりませんでしたが、私にはその子供たちの周りに他の子供たちと、その母親が見えました。彼女は帰国子女で付き合っている人の仕事柄、外国へ行く可能性もあると言っていました。
 これは彼女の未来を示した予知夢だと思います。

 夢がある恐怖心からきたものなのか、ストレスから来たものなのか、根源的な欲求から来たものか、未来をのぞき見た予知夢なのか、象徴夢なのか、わかります。

 夢で過去世を見てしまった方の例でこんな話がありました。
ある中年の男性のお客様で特殊な部位の癌になった方がいらっしゃって、治癒率が非常に低かったそうなのですが、ご本人の免疫系の努力とお医者様の手術で奇跡的に回復された方がいらっしゃいました。手術後の放射線治療の時に見た夢と治ってから、私の所に今の彼の人生に影響の強い過去世を3個ほど出した中の3番目の過去世の映像がぴったり一致しました。

 御病気の時の詳しいことは伺わないで出したのですが、放射線治療のあと見た夢の光景と一致したことに驚かれていました。

 その過去世では、彼は中国の元の時代の兵隊の大将でたくさんの部下を連れて、東ヨーロッパや中近東のほうまで、足を延ばして戦っていました。私がどんな兜をかぶって、どんな形の鎧で、どんな体格と顔の特徴で、髪の毛を剃って変わった髪型をして、どんなことをしていると詳しい描写をしたら、「放射線治療をした後に病室で見た夢と全く同じで驚いた、こんなことがあるのですね」とおっしゃいました。
 ご本人は、アジアのどこかの国の兵士で、見慣れない鎧を着て、アジアではなさそうな国まで遠征して、一生懸命戦っている過去世の自分の姿を、夢で見たのです。今の人生で彼の生命が危機に瀕して、力を出さなければいけなときに、影響のある過去世の強い自分を夢で見たのでしょう。

 こういうことは、私の所に来た方たちの中で、非常に頻繁にあります。肉体的にか精神的に危機に瀕した時や大きな悩みを抱えているときに、過去世の自分の能力や力、生き方が解決のヒントになることがよくあります。


 
プロフィール

観音寺りえ

Author:観音寺りえ
アトラス研究所の観音寺りえです。

鑑定とカウンセリングご希望
の方は当研究所 
住所: 東京都文京区千石4-37-10 
TEL: 03-3942-1341
まで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード