不思議な話 その269 夢の不思議まとめと、ペットとの過去世

その他のよく見る夢のシンボルをみていきましょう。気持ちの悪い夢として、歯の抜ける夢があります。私も昔見たことがありますが、下の歯がぼろぼろ抜けてしまう夢は気持ちが悪いですね。飛び起きて鏡を見て、歯があるのを確認してホッとしたりします。

夢の中で、歯は生命力や、活力や強さ、エネルギー、自信などを象徴しています。歯の抜ける夢は、若さが減退する恐れや、積極性が失われていることを意味することもあります。

また、仕事の順調さ、不調、健康状態、家族の病気や死などを暗示している場合もあります。歯が抜ける夢は、その他、変化の兆しを表わしているかもしれません。何を意味しているかは、夢のストーリーや状況に合わせて、判断しなければなりません。象徴的な意味だけでなく、その日、歯医者に行って不安だったとか、虫歯を治療しないで、歯が抜ける夢をみてしまうかもしれません。

すべての歯が抜ける夢は、夢を見た人の環境が大きく一変するかもしれません。あるいは、吉夢、凶夢が大きくわかれているかもしれません。いい意味では、歯が抜けるのは、束縛から開放され、苦痛から自由になるという暗示もあります。前歯が抜ける夢は、一番前に有る歯という意味で、世間体をさします。その世間体が傷つくということで、社会的な立場や周囲の評判が下がることを気にしているか、実際に下がることを意味します。

上の歯はその人の表面を、下の歯は、内面的な部分と精神的な部分を表わします。上の歯が抜けるのは、人間関係の悪化や肉体的な疲れを表す事が多いようです。下の歯が抜けるのは、精神的なダメージを受ける恐れがあることを表わします。奥歯は食べ物を噛み砕く大切な部分なので、夢を見た人にとっての大切な人か、家族に不幸な出来事があるかもしれないという暗示もあります。犬歯はやる気や意欲を表すので、犬歯が抜ける夢は、意欲がでなくて、消極的になりがちな状況で有ることを意味します。

虫歯が抜ける夢は吉夢で、自分の悪いところがなくなるとか、変わるとか、周囲の印象がよくなるとか、人気がでてくることなどをさします。歯が抜けそうなのに、抜けなくて歯医者に行ったりする夢は、未来への不安や、環境の変化への不安を意味します。歯を治療する夢は、恋の始まりか、恋人が出来るという暗示かもしれません。抜けた歯を飲み込む夢は、妊娠の可能性か、子供が出来る不安を表わします。新しく歯がはえるのも、新しい出会いや、良いことがある吉夢です。

歯が粉々に砕けたり、ボロボロになる夢は、潜在的な疾患、病気を抱えているかもしれません。健康状態が悪化している可能性があるので、検査に行ってみるのも大切です。自分で歯を折る夢も怖いですが、健康の不安や病気の暗示です。入れ歯の夢は他人に騙されやすくなっていることをさしています。綺麗な歯並びの夢は、目的や夢を達成できる、または可能性のある暗示です。歯を磨く夢も吉夢で、恋愛や健康面での幸運の暗示です。

家の夢は、私は時々見ますが、戸建てで他人の家と2軒がつながっている家に住んでいる奇妙な夢をみたのですが、これは予知夢で、数年後にまさに2軒がメゾネットで隣とつながっている貸家に住むことになり、住んだ後で、あれは予知夢だったと知りました。私は、家の夢をよく見ます。これは、予知夢かどうかわかりませんが、ホテルとつながっているマンションにいる夢を先日みました。一度家の外に出て、中に入れなかったり、迷ったりという夢もみます。

大きな家の夢は、夢を見た人の大きな自信や自分の才能への過信をさします。小さな家の場合、自信のなさや、現実を直視したくない気持ちを表すことがあります。小さな家が豪邸に建て替えられる夢は吉夢です。努力をすることで、実際の人生の夢がかなうことを暗示しています。 逆に豪邸がボロボロになる夢や、小さくなる夢は、疲れているか身体や心の不調を表わします。

家を買うか建てる夢は、夢を見た人の運気が上を向いているか、絶好調なことを示しています。また、自分で家を買うのではなく、誰かに家を買い与えられる夢は、幸福な結婚を暗示しているかもしれません。

家の一部が壊れていたり、壊れそうな夢は、財産や家庭の危機の暗示かもしれません。体調が悪いときも壊れた家の夢をみるかもしれません。家の改築や立て直しの予定がある人が見る場合は、予知夢か計画を夢に見ているのかもしれませんが、予定のない人で見る場合は、新たな人間関係があることを暗示しているかもしれません。異性の新たな出会いかもしれませんね。家が災害や、火事で壊れてしまう夢は、健康状態が悪くなったり、家族等の人間関係が変わる暗示かもしれません。家が燃える夢は必ずしも悪い夢ではなくて、人生に大きな変化があったり、束縛からの開放を表すことがあります。実家が荒れたり廃墟になる夢は、運気の低下を表すことがあります。

私は動物が好きで、子供の頃は、たくさんの犬や猫と暮らす夢を見ていました。犬や猫は周囲にいる誰かを象徴しているようです。犬は夢の中では、一般的には、男性を表わし、猫は女性を表わします。異性があなたをどう思っているか、逆にあなたが異性をそう思っているかを暗示しているかもしれません。犬に追いかけられる夢は、あせりや不安を意味することもあります。かわいがっている犬に追いかけられる夢は、親しい人や男性に裏切られることを示しているかもしれません。夢の中で犬を飼うのは夢を見た人が、愛情にうえているのかもしれません。恋人がいる状態で犬を飼うのは、他に理想の男性がいるかもとか、恋人に不満があるのかもしれません。

子犬を飼う夢は、子供がほしいという暗示かもしれません。犬が傷ついたり病気になっている夢は、大切な人が具合が悪いとか、悪い知らせが届くという暗示かもしれません。人をさすのでなければ、夢に犬が出てくること自体は、幸運の暗示です。犬を抱いている夢も、金運、仕事運、恋愛運が上がる暗示です。夢に白い犬が現れるのも、幸運のシンボルです。ただし、出てきた犬に噛まれるのは、人間関係の悪化を意味します。犬は良心を示すことが有るので、犬が死ぬ夢は、予知夢でない限りは、罪悪感を感じています。

猫の夢は一般的には女性を暗示していますが、夢を見る人が女性か、男性かによっても違います。男性にとっては、気まぐれでわがままで、魅力的な女性かもしれません。女性にとってはライバルや嫉妬の対象かもしれません。猫が死ぬ夢は、愛情不足の状態かもしれません。その猫が子猫なら、人間関係での危機が迫っているかもしれません。猫でも白猫の夢は吉夢で、白猫が死ぬ夢も幸運の象徴です。猫が生き返る夢も見た人の何かが復活し、恋愛などの人間関係の幸運を示します。猫を飼う夢は、秘密を持ち、孤独を感じるかもしれません。猫と遊ぶ夢は、人生が好調なことを示しています。猫が甘えてくるのは、女性からの嫉妬を表わします。たくさんの猫がよってくるのは、恋愛のライバルがたくさんいるのかもしれません。猫に助けられる夢は、仕事運が好調なことを意味するかもしれません。

次回のテーマはペットつながりで、犬や猫の飼い主さんとの過去世についての話です。お楽しみに。
スポンサーサイト

不思議な話 その268 夢の不思議(4)

私の事務所では、ご希望があれば、いらした方の夢判断をしています。夢の中を透視することができ、途中で記憶が途切れた夢を、前後を見ることが出来ます。その夢が、予知夢、なのか願望の夢なのか、補償行為としての夢なのか、現実生活の反復夢なのか、何かを象徴している夢かの違いを判断することが出来ます。子供の頃に繰り返し見た夢は、過去世の影響がある夢かもしれません。過去世や前世の記憶が夢の中に隠れていることもあります。その夢のイメージを聞いて過去世と関係があるか、判断することができ、その過去世を出すことが出来ます。

私は、子供の頃から、自分の周りの未来の変化を予知夢でみていました。予知夢は今も続いています。自分の夢も、予知夢なのか、象徴夢なのか、自分の願望を表わしているのか、実生活で、経験したことの反復なのか、分析することが出来ます。予知夢を見ているときは、自分の魂が身体から抜ける一種の幽体離脱状態だと思います。

次に、夢の中で出てくるシンボルについて見ていきましょう。まず、水の表わしているものは何でしょうか?水と言っても、いろいろな状態があります。海水、湖、池、水たまり、飲水、濁った飲めない水、水の透明度は、見た目通り、透明度の高い綺麗な水は一般的に良い暗示です。水は生命力を暗示しています。財運や精神状態を表すこともあります。

きれいな水が器に満ちている夢は、金運があることや、肉体や精神の健康や生活の順調さを表わします。その水を飲む夢も吉兆です。他人が自分に綺麗な水をくれるのも良い夢です。汚い水は、対人関係の不調や、相手に気持ちが伝わらないとか、誰かに悪意を持たれていることを感じているとか、苦しい過去や、秘密から抜け出せないことを暗示したりします。水をこぼす夢は、散財やお金に関するトラブルかもしれません。水漏れも、気づかないうちに貯蓄や投資などが目減りしているかもしれません。綺麗な水が流れている夢も良い暗示です。のどが渇いたり、ものすごく水を望んでいる夢は、心や身体の不調、何か良くないことが起こる兆しかもしれません。水たまりで、綺麗な水は、今進んでいる仕事や出来事が、順調なことを、濁った水たまりは、トラブルや心身の疲労の暗示かもしれません。

津波や洪水などの水害の夢は、過去に経験された恐怖を夢で再現する反復夢か、経験のない人が見た場合、自分ではコントロール出来ない人生での大きな流れを感じているときや、今やっている仕事や問題への不安や心配、何かに絶望する気持ち、未来が悪い方向に進むのではないかという不安が表れています。予知夢の場合はこの限りではありません。家の中の水漏れは、家族の問題や、訴訟などの法的な問題に巻き込まれるかもしれません。

水道は収入やお金を象徴しています。水道の水がたくさん出ているときは、収入の安定お金が入ってくることを示します。チョロチョロしか出ない場合は、収入の額の不満や、金銭問題の心配を表わし、水が濁るのも、止まるのも、金銭に困窮する可能性があります。

火の夢は、過去のトラウマや過去世の出来事から来ていないものは、吉夢です。よく燃えているのは、運勢の勢いがよく、元気があり、一般的には物事が順調なことを指します。みんなで焚き火を囲んでいるのも、仕事や人間関係の順調さを表わします。服が燃えているのは、気になる問題が解決することを指します。自分が勢いの良い火でやけどするものも、仕事や事業の順調さや出世を表わします。

勢いよく燃える火は、金運が上がることも意味する場合があります。賭け事などは調子に乗ると、金銭的損失があるかもしれません。火がくすぶって黒い煙が出ている場合、順調に来ていたものが変化するかもと、心配する暗示かもしれません。ローソクやマッチやガスの火を自分で消す夢は、今の仕事の路線変更や、転職、別れ、やり直すことを指しているかもしれません。あなたの意欲も低下しているのでしょうか?風によって火が消えてしまう場合は、他の人から邪魔をされたり、障害が出てくる暗示です。火がつかない場合も、物事が停滞気味です。新しい方法を考えましょう。

銃の夢は、米国などの外国にいる方と日本に住んでいる方ではイメージや見る頻度は異なるかもしれません。銃はフロイドによると、男性の性欲を表わしたり、男性という性そのものを指すことがあります。銃のかたちや大きさにもよりますが、それらの象徴としては、人の攻撃性や、凶暴性、対人関係の不安も表すことがあります。

自分と仲の悪い兄弟がいる場合、その兄弟が銃を持って、追ってくる夢をみることもあります。銃は攻撃性、暴力、押さえつけた憎悪、怒り、人との訴訟案件などもさします。男性の荒々しさのシンボルでもあります。銃で動物を狩っている夢は、体調がよく、気力が満ち、積極的に物事に対処しようとします。目標や、目的の達成への強い意志を表わします。

銃を持ち、漠然と動物を追っている場合は、自分の可能性や願望が具体化していないで追い求めていることがあるかもしれません。戦闘場面などの夢で銃を持って戦っている場合は、何かの決断に迫られていたり、人生において、何かしなければならないことがあるとか、目的を求めている場合、または人間関係の葛藤がある時です。

自分が、銃で撃たれて血が出ている場合は、仕事運や、金銭運、恋愛運が上がることを意味しています。告白のチャンスがあるかもしれません。銃を与えられる場合は、良い立場や、仕事や、条件を第3者から与えられる暗示です。銃声を聞く場合は、新しいことにチャレンジしている所で、銃を買う夢は、悪いことが良いことに転じたり、自分をとりまく状況が変化することをさします。自分で買う場合は自分で問題を解決しますが、人から銃を与えられる夢は、人から厄介な問題を押し付けられたり、罠にはめられたような気分になったり、トラブルが起こる暗示にもなります。怪物や宇宙人など未知なものと、銃や光線銃で戦っている場合は、不安な未来を克服しようとしている、自分の心構えをさすこともあります。

長くなったので、次回に夢のシンボルのまとめをします。

不思議な話 その267 夢の不思議(3)

「追いかけられる夢」は、夢の中での危機感が残っていて、目を覚ましたときもその感情が残っていることがあります。このような夢は、何かに追われていると言うより、何かから逃げているという状態のことが多いです。逆に何かを追いかけている夢は、実生活で何かを見落としていることもあるようです。

私は、よくローカル列車に乗ってどこへ行くのだろうという夢をみます。また、遠く外国の街角にいたり、空港にいる夢を見ます。車、バス、電車、飛行機、船など乗り物に乗っている夢は、物事が順調に行っているか、また、行き先がわからないときは、実生活で思い切った進路の変更が必要だというメッセージかもしれません。または将来の漠然とした不安か、未来に予想される障害物かもしれません。

「学校や教室にまつわる行動の夢」は、宿題を忘れたとか、試験の準備をしないまま試験になってしまったとか、遅刻をしそうだという学校にまつわる夢があります。これは、学生でなくなったずいぶん後に見ることが多いです。これは、準備が間に合わない状態や、やらなければならないことをやっていない、あるいは、自信のない時にみるかもしれません。

人が夢を見ているときは、実は金縛りにあっているように身動きが出来ないようになっています。これは、夢の中での動作がそのまま身体に反映されないように、スイッチを切っているそうです。「金縛りにあっていたり夢の中で動けない夢」は、自分の人生をうまくコントロール出来ていない時とか、進むことも退く事もできないと感じている時に、みるかもしれません。

「戦っている夢や、暴れている夢」は、自分の行動に慎重さが必要なことを、表わしています。あるいは、困難なことに立ち向かう覚悟や、闘志を表わしているかもしれません。

「亡くなった人の夢」で亡くなった人が笑顔の場合は、運命が好転します。亡くなった肉親とか親しい人が夢にでてくる場合、まだ生きていてくれたらという願望や、故人の死を悼む感情を表わしています。亡くなった人が心配そうに無言で見つめている夢は、夢を見た人のことをとても心配していることを示しています。亡くなった人が夢で怖い顔をしているときは、夢を見た人への警告か、健康面や事故などに気をつけるよう伝えようとしているのかもしれません。亡くなった人が泣いているときは、夢を見た人がトラブルに巻き込まれるのを警告しているのでしょうか?健康面でも注意したほうが良いようです。

亡くなるという夢は、必ずしも悪いことをさすのでなく、今の状態を一旦終わりにして、新しい始まりを暗示していることがあります。

最初に書いた「追いかけられる夢」に関して、幽霊やUFOや宇宙人や怪物などから逃げている夢は、UFO、宇宙人の場合は、コンタクテイでない限りは、未知の者と出会うことや、移動や転勤などの環境の変化、新しいことへの不安などがあるようです。 未知の環境は誰にでも不安なものなので、周囲と打ち解けるようにして、自分の居場所を確立することで、安定するようです。けれども、日頃からUFOや宇宙人に非常に興味がある人や、それらが出てくる映画や番組などをよく見る人は、この限りではありません。

幽霊の夢は、霊感のある人には実際の霊からのお告げかもしれませんが、それ以外では宇宙人と同じ様に、未知のものや、恐ろしいと思っているものへの恐怖の感情が夢に表れています。宇宙人や幽霊に追いかけられている夢は、自分の健康面での不調を表わしていることもあります。高熱のあるときなどに、幽霊の夢を見る人もいます。怪物に追いかけれれる場合も、正体のわからないものから追いかけられる不安や、原因のわからないやっかいな事への対処に迷っているときにも、この夢をみます。宇宙人や幽霊を、夢を見ている人がやっつけたり、消す夢は、今持っている問題が解決する暗示かその問題を解決しようとする強い意思があることを表わしています。宇宙人や、幽霊や、怪物に夢を見た人が殺されるかやっつけられる夢は、悪いこととは限りません。殺されるのは再生という意味も含むので、人間関係や周りの環境を変えてやり直すという暗示にもなります。

次回は夢の不思議のまとめをしましょう。

不思議な話 その266 夢の不思議(2)

抽象的な夢以外は、ストーリーがあります。寝ている時にみている夢のストーリーには、段階があります。最初は、場所や登場人物が出てきます。小説や映画で言ったら、「起」の部分ですね。次にストーリーが進み、夢の中で、事件が起きます。これは、「承」不完全な夢は「承」で終わってしまうものもありますが・・・次にストーリーの山場もっとも印象的な場面となります。これは、「転」ですね。最後に結果、お話で言うと「結」の部分です。一連の夢のストーリーの終わりです。これは無意識からのメッセージになっていることがあるそうです。

夢の終わり方に注意し、どんな意味があるのか、またはないのかを考えるのも何かの役に立つかもしれません。多くの夢は、この「結」までいかないで目が覚めてしまうかもしれません。夢の分析をするときは、心象風景を連想するのはいいのですが、例えば、夢の中で、「犬」と「犬小屋」がでてきた場合、「犬小屋」から発展して、「小屋」などに連想が広がってしまうと、広がりすぎるので、起点となる「犬」から連想が広がりすぎないようにします。

フロイトは夢をファサード(見かけの表層部分)として扱い、その背後にある欲望(性的な欲望など)を分析しようとしました。一方ユングは夢そのものを心象として分析の対象としたと言われています。夢に現れる情景や心象を例えば、ライオンと父性とか、記号化して結びつけるのは良くないといいます。夢を見た人にとって、ライオンとは何を意味しているかを重要視したほうがいいようです。夢分析の方法として、拡充法というものがあります。これは、夢の素材について、一般的に考えられているイメージや、神話や童話の例を出して、連想するイメージをふくらませます。継列法は、複数の夢を記録して並べることで、心の変化などを継列的に観察します。


ある夢の中の人間関係をそのままの構図で解釈するのを、「客体水準」といいます。これに対して、心の状態が具象化されたものとして解釈するのを、主体水準といいます。夢の分析がどちらに属するか考えるのも何かの役に立つかもしれません。例えば、犬と子供が遊んでいる夢を見た場合、この夢を情景通りに自分を子供として、自分が犬と無邪気に遊びたがっていると解釈するのは、客体水準となります。これに対して、心のなかで、動物的な本能が、理性によってコントロールされていると解釈するのは、主体水準となります。夢の分析には、客体水準と主体水準を両方利用するものもあれば、片方の見方のほうが良い場合もあります。

それでは、具体的に夢の分析をしてみましょう。最初は夢の中での動作について、よく見られる動作を分析してみましょう。私の解釈以外の見方も勿論あります。

「食べる夢」は、実生活での飢えや栄養不足を意味している場合もありますが、通常の食事をしている場合は、象徴的に必要な何かが不足していることを指しています。精神的に満たされない物、愛情などの不足を表していることもあります。「追いかけられる夢」は、追い詰められた夢の中での状況にもよりますが、不安定な心の現れです。もう学生でないのに、試験に追われていたり、宿題を提出しなければならないのに間に合わない、時間に追われている夢は、やらなければならないことが進んでいないとか、精神的に追い詰められているときや、精神的に不安定な時にみます。何度も追われる夢を繰り返し見る場合、健康面で不安があるかもしれません。追いかけて来る人や怪物や、何が追いかけてくるかで、現実世界の何に当てはまるかを考えるのも解決に役に立ちます。怖い夢では、相手がピストルをもって追いかけて来るとか、ナイフを持って追いかけてくるとか、宇宙人が見たこともない武器を持って追いかけてくるのか、あるいは幽霊が何ももたないで追いかけてくるとか、相手の動作、持っているものも重要です。ただし、日中に怪談を読んだとか、寝る前に怖い映画を見たとか、テレビでSFものをやっていたなど、日中や寝る前に見たものが影響して、夢の中でそれに追いかけられることもあります。

「空を飛ぶ夢」は多くの人が見ます。飛んで気持ちのよい夢もあれば、低空飛行をして、ハラハラする夢もあります。低空飛行は、精神的に疲れていることが多いようです。自分が仕事などで上手く行くか行かないか心配しているときもこの夢を見るかもしれません。飛ぶのを邪魔されて飛べない夢は都合が良くないことがおこったり、文字通り邪魔が入るのかもしれません。「飛ぶ」という行為が象徴しているのは、自由を求める気持ちと、高いところを目指したい出世や成功を望むなどの意味と、性的な欲求の三通りあります。気持ちよく飛んでいる夢は順調だと感じたり、健康な夢です。運も良いと感じているかもしれません。

「落下する夢」は飛ぶ動作とも関連していますが、身体の調子が悪い時に落ちる夢を見ることもあります。自分の今の地位が危ないとか、名誉や世間体に関わること、などの警告の意味もあります。心のなかに失敗することへの恐怖があったり、今の良い状態から悪い状態へ移行するのではないかという心配が関係することもあります。その時期に自分が精神的に不安定になっていたり、助けてくれる人が離れていったりしたときにも、「落ちる夢」を見るかもしれません。商売をしていたり会社を経営したりする人には、経営がうまくいかなくなるのではという心配か、実際にうまくいかなくなる暗示かもしれません。この夢を見た人は、自分の置かれている立場を認識し、何が問題なのか自分の置かれている立場を把握すると、問題の解決につながるかもしれません。落下にまつわるもので、「突き落とされる夢」もあります。これは、第3者が自分を陥れようとしているのでは、という恐怖や仕事の上で人に取って代わられるのではとか、競争が激しい環境に置かれていることをさしているのかもしれません。落下する方法も、自分が何も乗らないで、飛んでいて落ちるというのもあれば、飛行機に乗っていてとか、UFOに乗っていてとかヘリコプターに乗っていてとか、夢の中の状況は色々あると思います。私は昔、空飛ぶじゅうたんに乗っていて、落ちそうになったり、落ちてしまったという夢を何回か見ました。乗っているものが操縦不能になって落ちるという設定の夢もありますね。

次回も夢について書きましょう。

不思議な話 その265 夢の不思議(1)

寝てみる夢を、心理分析に取り入れたのは、ジークムント・フロイトが最初です。彼は、深層心理学において、無意識の働きを意識的に把握できる夢分析を精神医学に取り入れました。心理学に取り入れられる前の時代、夢は、夢判断や夢占いと言うかたちで、古代から世界中にありました。医術はほんの数百年前までの昔は、呪術に近いものでした。

同時代の精神科医カール・グスタフ・ユングの分析心理学では、フロイトと違う夢の解釈方法を行いました。

フロイトは夢の世界は、無意識が意識に混入するため、意識の側から無意識を理解しようとする方法をとります。彼は夢とは、抑圧されていた願望を幻覚的に充足することで、睡眠を保護する精神の機能だと考えました。夢を思い出すのに、自由連想法を行い、夢を構成している場面や要素をたどっていきます。生活環境や、最近の体験、本人の性格、生育歴などを考慮しながら、夢を分析して患者の精神状態を把握し、治療の助けにします。

ユングの分析心理学では、夢は無意識、特に集合的無意識あるいは、元型から意識にむけてのメッセージであるといわれています。そのメッセージを分析医やカウンセラーが認識し、必要に応じて、クライエント(患者)と共有するなどして、クライエントが自分で認識できるようにする作業を夢分析と呼びます。ユングは、覚醒している時の状態での想像や空想や絵などの芸術的表現も、夢と同じように無意識からのメッセージと捉えています。夢分析こそが、無意識を理解するための最も重要な方法としています。ユングの夢分析は、夢の意味を収束的に1つの解釈に導くのではなく、夢に対して、「拡充法」という対話を通じて、夢からもたらされるさまざまなイメージをふくらませて、意識と夢とのつながりを、再構築して深めていくそうです。これは無意識からのメッセージと向き合うことによって、自己実現を目指していく方法だそうです。

『ユング心理学入門』(岩波書店 河合隼雄著2009年)では、「夢分析」の中で、世界各地には夢占いや夢の伝承があふれていて、アボリジニやネイティブアメリカンが、夢のヴィジョンを神や精霊からのメッセージとして重要視してきたことをあげています。アメリカでは白猫の夢が縁起が良いとか、鏡を割ると縁起が悪いとかあります。中国の古代殷王朝では、権力のある人の夢が、国の重要事項を決めるヒントにされ、夢を解く占い師や学者が大切にされました。人類は経験的に、夢の内容と現実世界の不思議な関連に着目して、夢に関する知識を伝承してきたりしたそうです。夢占い的なものがどの国にも存在することを考えると、夢の法則性を考えることは、人間を理解するのに有意義だといっています。

夢ではさまざまな情景が現れます。楽しいものもあれば、怖いものもあり、現実的なものもあれば、非現実的なものもあります。どんな夢にしても、無意味なものはなく、すべての夢は、意識と無意識が相互に作用し、自己の統合や成長、コンプレックスの理解を促すために見せているそうです。

夢は直接的なヴィジョンをもたらすことで、過去の科学者や芸術家が夢からインスピレーションをもらっています。タルティーニという作曲家は、夢の中で悪魔が弾くバイオリンの旋律を思い出して、『悪魔のトリル』という曲を作曲しました。スティーヴンスンは夢の中で、『ジキルとハイド』の話をみて小説の創作に役立てました。発明家は夢の中でひらめきを受けます。夢は現実に高度な創造性ももたらします。

夢の中である概念が具象化(形になる)されるとさまざまな感情がでてきます。たとえば、心細さを象徴するとき、「しぼんだ風船」「無人の廃屋」「寒がるネズミ」などの心象風景が夢に出てくるかもしれません。「しぼんだ風船」ではなくて「寒がるネズミ」のときは、夢を見た人のあるコンプレックスが関係しているかもしれないというのです。1日が終わってある夢を見ている時に、その日の印象的な出来事などによって、その人の特定のコンプレックスの働きが、強まっているかもしれません。その時にその特定のコンプレックスに強く関連付けられた概念の中から、その人の心象が選択され、夢の中に現れます。夢は心の状態に対して、さまざまな目的を持って現れるそうです。

1,単純な補償・・・自分の足りない部分や気付いていない部分を教えてくれる夢。例えば、自分に自信がない人が、大きな舞台で活躍する夢を見るとか、衆人の前で表彰されるとか。逆に自信にみちあふれて自己顕示欲の強い人が、大きな恥をかくとか。

2.展望的な夢・・・将来の希望や方針を象徴するような夢。またはその役割。例えば、転職を考えている人が、海外留学をする夢を見る。または、恋人と結婚したり、子供を授かる夢をみる。

3,逆補償・・・抑圧された感情に目を向けさせようとする夢、またはその役割・・・例えば、普段は仲良くしている肉親に対して、憎しみを抱く。(自分の本心に気づかせる)あるいは、大好きなはずの仕事に対して、ネガティブな感情を抱くような夢をみる。
(本当はオーバーワークで体調を壊しているとか、本当は辞めたがっていることに気づかせる。)

4,無意識の心的過程の描写・・・病気などで、意識の力が弱まっている時にみる、無意識の力が強く働いた夢、またはその役割。例 えば病気で不安な気持ちで寝ている時に不快な暗闇に閉じ込められる夢をみる。(不安や行き詰まりを象徴的にみる)あるいは、自分の不治の病を知る運命にある人が、ブレーキの効かないトロッコで暴走する夢をみる。

5,予知夢・・・現実の事件などを事前に予知するような夢、またはその役割。例えば、偶然訪れることになる街角の光景を事前に夢でみる。自分の事故や肉親などの事故に遭遇することを事前に夢で見る。予知夢については、幼いころに経験して記憶が薄れていたことをデジャブとして感じる。または、夢に影響されて意図的にその行動を起こしたことで、結果として正夢になる。無意識下で気づいた環境の変化が夢で心象化する。(私は予知夢を数十回も経験しているので、未来を見るような予知夢も、存在すると思います。)

6,反復夢・・・現実の出来事が繰り返されるような夢、またはその役割。現実との間に微妙な差異があり、その差異に大きなヒントが隠されている。例えば、ある女性は現実の出来事でいつもやっていること、自分の娘を叱っている夢を見た。何故かある女性の若かった時の父親が立っていた。(現実と違う点は、父親が若かったこと。)よく考えてみると、その女性は、自分が小さかった時に、自分の親が自分を同じように叱っていることに夢の中で気がついた。こういった反復夢を観察することで、自分がかつての母親と似た行為をしていることに、気がつくことが出来て、コンプレックスの解決に繋がった。

次回は具体的な夢の話を見ていきましょう。
プロフィール

観音寺りえ

Author:観音寺りえ
アトラス研究所の観音寺りえです。

鑑定とカウンセリングご希望
の方は当研究所 
住所: 東京都文京区千石4-37-10 
TEL: 03-3942-1341
まで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード