あなたの過去世情報を今に役立てるー第9回ー家族についてー

 先日、TVをつけたら、中国のチベット自治区に住んでいる家族のことを取材していました。それは、ヒマラヤ山脈の中腹からふもとの地区のある家族のドキュメンタリー番組でした。
 
 40歳代のお父さんと、同じ年頃か少し若いお母さんと、子供が四人くらいいたと思うのですが、一番上のお姉さんは遠くの都市の大学にいっているようでした。両親が少ない現金収入で長女の学費と生活費を出しているのです。
 その家族のお父さんの仕事は町の荷物を村に運んで現金収入を得ているということでした。昔は道もなかったそうで、今は馬1頭と人がぎりぎり通れるくらいの舗装もしてない山道があります。とても危険な道を荷物を運んで行く命がけの仕事です。山なので周りは断崖絶壁です。馬がその山道からときどき落ちるそうで、谷に馬の落ちて放置された跡が残っていました。人も落ちたら、助けられないような、急な崖です。お父さんは彼の家族の為に、洗濯機を頭で支えて、背中に背負って3日以上かけて、町から村に運びます。仲間は冬を越す村人の為の、米を運ぶ仕事をして一緒に列を組んで山越えをします。秋なので、ヒマラヤはもう寒いです。次の年はお父さんは冷蔵庫を背負って運ぶらしいです。

 そこで印象的だったのは、子供がお父さんの仕事についてどんなに大変か知っていることです。家族の為に命がけで、家族の使う荷物を運んだり、村の人の糧である食糧を運ぶ仕事をするのは、目で見て何をしているかわかる仕事です。物資も現在の私たちの生活に比べて極端に制限されるので、テレビを抱えてかえってきても家族のみんなに感謝されます。

 私たちの世界では店に車で行って契約すれば、配達されて家に設置までしてもらい手に入るものですよね。あるいは、インターネットで注文すれば、店に買い物に行かなくても家にいながら電気製品が届きます。3日も危険と隣り合わせで背負って、歩いて運ぶことは、私も含め今の日本人には出来ないと思います。その人も子供のころから親に訓練されて、その山道を歩いて運べるようになったのです。

 それに物があふれている、私たちの社会では、洗濯機や冷蔵庫やテレビがあるのは当たり前で、買ってもらって大感激する子供は少ないでしょう。

 この番組をみて二つのことを思いました。一つは、ものが無い時代に食べ物が手に入ったり、ささいな生活用品が手に入った時の幸福感というのは、豊かな時代にまさるものがあるのではないかということです。逆に物やお金にこだわりすぎるともっと欲が刺激されてさらに欲しくなるというのは人間の性質の一つですね。それをを多くの人が理解できれば、少しずつ我慢するのがいいのかもしれません。

 私は物のない時代は知らない世代ですが、ふと考えると同じように山道を背負って物資を運ぶ風景は古い歴史時代から、明治や大正昭和の初期と最近まであったのではないでしょうか?日本人が便利さの陰と豊かさの陰に置き忘れた何かがその生活を見てあるような気がしました。不便なほど裕福でないほど、家族が助け合って幸福感を味わえるということもあるのです。ですから、魂は金持ちであるとか貧乏であるという設定にはこだわらないで、肉体の中に入るのです。むしろ困難を喜ぶかもしれません。

 もう一つのことは、子供が親の生き方を学びにくい世の中になっているということです。小さい頃からお父さんが忙しい家庭の場合は、朝早くお父さんが1時間以上かけて会社に行ってしまって、一緒にご飯も食べられない事がよくあります。夜も遅くまで家族の為に働いて帰ってきても子供は寝てしまっていることがあります。それから土曜や日曜は、家族サービス以外は家でごろごろしている人と言うイメージが子供にあるかもしれません。どんなに外で大変な仕事をしていても、子供には見えにくいのです。外で働くお母さんの仕事もそうかもしれません。親の方も自信が無い人が多く、子供をどう育てて良いかわからないという人がいます。子供が思春期になってから子供の進路について、親が意見を言っても、ほとんどコミニュケーションが取れなくなっていることに気付いて呆然とすることもありますね。

 最近お母さんの方が忙しく外で働いて、お父さんの方が育児を分担しているイクメンのお父さんもいて、とてもいいことだと思います。でも、友達親子になりすぎると、成長していく段階で、子供が親をなめてしまうという問題もありますね。本当に価値観が多様化しすぎて、子供さんが成長するのも難しいし、親が子供を育てるのも難しい時代です。親子の関係も含めて人との関係を作るのが苦手という相談もあります。
 家族の形も常識にとらわれないものが、出てくるかもしれませんね。

 それと、見た番組とは関係ないのですが、子供にもっと道徳的なことや、命を大切にするとか、日本の国を大切に思うとか大人が自信を持って教えていいのではないかと思います。子供の顔色をうかがって、いいことと駄目なことを分けて教えられない先生や親や周りの大人が増えているのかもしれません。日本の未来にはお題目だけでない、本当の教育が大事なのです。教育は知識を教えることよりも、故郷の国の先人の知恵を教えた方がいいのではないでしょうか?江戸時代には寺子屋が今のコンビニの数より多くあって、これらは、ほとんどが無償で行われたそうです。子供も学びたいから寺子屋や藩校や私塾へ行っていたと思います。この時は教育は押しつけではなかったのかもしれません。


 恋愛と結婚の過去世リーディングの希望の次に多いのが、家族との過去世を出してと言う依頼です。次回は今までのリーディングの例と家族について思ったことを書きたいと思います。 
スポンサーサイト

あなたの過去世情報を今に役立てるー第8回ー結婚と家族

 家族のテーマに入る前に、いままで何回か触れていますが、結婚についての情報を過去世からどう役に立てるか、という話から少し書きましょう。

 いろいろな方のたくさんの過去世の情報の中の結婚は、どの国でも家を継ぐためや子孫を残すためというのが圧倒的に多いです。しかし、現代の日本では個人の結婚に対してとても自由になって、束縛がなくなってしまった分、結婚にどう対処していいのか分からないという人が、とても多いです。

 まず、私の所に来るまで、今まで結婚ができなかったという理由で一番多いものは、女性では「自分が好きになった男性でなければ、結婚できない」ということでした。このタイプは恋愛のエンジンがかかりにくい人で、過去世で少し縁のある男性と知り合っても無視してしまうタイプです。これは自分の気持ちの問題なので、その気持ちを満たしてくれる人は今世ではあらわれにくい場合があります。

 これに対して、男性は「親や友人がその結婚相手に対して良くないよと反対したから結婚しなかった。そのうちに結婚の機会を逃してしまった」と話す人が多かったです。男性は女性より、結婚を個人同士の恋愛の結果、ととらえるより、家の付き合いや家を継ぐ子供を産んでくれる女性を求める社会的な結婚を求める人が多いようです。

 この温度差が結婚に向かいにくい欠点ともいえます。結婚してからも女性は結婚生活でお互いを高めあったり、「いつまでも愛しているよ」という言葉や行動を求めようとします。けれども、男性は夫婦になったのだからいまさらそんな事を言ったり独身時代のようにちやほやしなくてもいいじゃないか、それより家のことや子供の事をしっかりやってほしいという温度差が生まれます。この構造が少しわかっていると、ぶつかった時に対処しやすいですね。

 その他、男性では、前述の女性のような、恋愛至上主義を強く主張することはなく、もっと現実的です。よく気がつく人だからとか料理が上手いとか、留守をしっかり守ってくれそうとか、自分を癒してくれそうということで、結婚を決めたりします。他に結婚相手がいないからそろそろ手短にいる女性と結婚しようという本音を持っている人がいます。こんな男性は結婚しやすい人です。でもこの男性の本音を知るとそれを嫌がる女性もいますね。

次に多いのは、男女とも20代ころからそこそこお付き合い歴があるのに、もっといい人が現れるのではないかと次の人次の人へと期待をかけて別の人を次々探します。そして、10年も20年も経ってしまうことがあります。前にも書いたように、モテキのいいタイミングで結婚するのが良いと思います。

 それから、女性では、「自分が結婚できる気も子供を産む気もしない」というタイプの方が多いです。これはいつまでも心の中に大人になれない部分を抱えているからです。あまり好きな言葉ではないですが、心理学で以前に流行った安易にいうとインナーチャイルドということでしょうか。
 アダルトチルドレンとも言われていますが、どうもこれらの言葉は1970年代にアメリカで心理学の用語から生まれたらしいです。アダルトチルドレンは「周囲の期待にこたえようと行動してきたため自分の欲求が分からない人」ということだそうです。常に自己否定する傾向があるそうです。インナーチャイルドは「子供のころの傷や人生に満足できない不安感や虚無感などの感情のこと」で自分に自信が持てない人だそうです。でもこれは遠い古代から賢人といわれた人にもあった感情のように私には思えます。おしゃか様でも若い頃持っていたかもしれませんね。

 このインナーチャイルドとアダルトチルドレンはお題目のように、スピリチュアル関係に多用されすぎていると思います。豊かな世の中になって、大人としての自我が年齢がいっても確立しないで、社会に出てしまった一種の甘えというべきかもしれません。必ずしも子供の時のつらい思い出や劣等感が悪さをするわけではないので、アダルトチルドレンやインナーチャイルドという言葉であなたは病気のように傷ついたとクライアントに暗示をかける必要はないと思います。なぜなら、子供のころの困難で人は成長するからです。向上心を持つからです。

 戦争中の大変な時代に巻き込まれて、食べるものも少なく、家族が亡くなられたり、爆撃で亡くなった死体を子供のころにみたり、少年兵で地獄のような戦場に行かされて帰ってきた人はひどくショックで傷つかれたことと思いますが、しっかり、大人になってその方からは、インナーチャイルドとかアダルトチルドレンという言葉は聞きませんね。人間はその魂も含めて、心と体もその人生のやるべきことはこなせるようになっている、本来は強いものなのです。

 私も含めて、現役の人は昔の人に比べて、いろいろな困難に耐える忍耐力が弱くなっているのかもしれません。面倒なことから逃げようとしたり、楽をしようとする甘えによって、逆に事態を複雑にしているかもしれません。

 少し話が脱線しました。結婚に対するリーディングの希望として一番多いのは、「今、付き合っている人との過去世をいくつか出して」というご依頼が多いです。写真か写メがあればそれを透視して相手の情報を少し伝え、それから過去世のリーディングをします。写真が無い時は彼の特徴を客観的にモンタージュ写真を作るように言っていただければ、過去世をリーディング出来ます。二人の人生の舞台が、数百年前の日本で、今の彼の故郷からちかいところだったということはよくあります。もちろん、彼がどこの出身かなんて聞かないでリーディングします。

 次回は結婚に関係する過去世の具体例を出して、話を進めましょう。

あなたの過去世情報を今に役立てるー第7回ーバースマーク

 バースマークは生まれた時からあるあざや目立つほくろなどです。また、事故や病気によって出来たのではない傷のように見える生まれつきの皮膚の傷やデコボコなどもバースマークです。親子で同じようなところにあったり、兄弟、姉妹でほぼ同じ所にあったりしますね。全部ではないですが、このバースマークが過去世と深い関係があることが多いです。
 
 あるカップルの過去世で中年過ぎくらいの恋愛関係にある男女なのですが、男性の背中とお腹の上あたりにそれぞれ10センチくらいの傷の治った後のような痕があったそうです。彼女が彼に聞いたところ、子供のころから今までそこに怪我をしたことがないと彼は答えたそうです。彼と彼女の過去世をみてみると、中世のヨーロッパの神聖ローマ帝国と言われた場所で、今のドイツとオランダの境目位の所で二人は夫婦でした。幼馴染で仲がよく、結婚して子供も男の子と女の子の二人いたのですが、妻が30代の初めころに娘を連れて馬車で農場で作った乳製品を売りに行った時に町で、 ペストにかかって亡くなってしまったのです。そのころペストの大流行期だったので、娘と妻が感染してしまったわけですね。

 そして男は息子を祖父母に預け、兵隊に志願して戦争でいくつも勝利を見て、孤独のうちに妻と娘を失った喪失感から逃れられずいました。年をとって老兵士となり、先に逝った妻と娘のところに行きたいと思いつつ、 なかなか死ぬことも出来ないでいたのです.
 最初に話した傷は、実は最後の戦場で、敵に剣で刺された時の致命傷の傷だったのです。そして再びめぐりあったその時の妻が彼女だったわけですね。彼女の死んだあとについた戦場の傷ですが、彼女と娘は死んだ後にあの世(中間生)に行かないで、霊になって彼の人生を見守っていたのでした。これは前にも例に出しましたが、そのバースマークの傷が、現世で二人が出会ったきっかけのシンボルのようなものだったのです。

 このようにバースマークは恋愛や結婚をするパートナーを見分ける目印になることがあります。ある時は、顔の左側にいぼや痣などのマークがある男性とばかり付き合ってしまう女性もいました。その後最後に出てきた、左側にマークのある人と結婚したそうですが、これも大事なパートナーの目印だったのでしょう。結婚にいたらなかった前のカレシ達もやはりそれぞれに別の過去世で一緒だったのでしょう。最後の本命の彼と出会う予告のようだったのでしょうか?
 

 「どの人が私の本命の人なのか」と悩む方が多いです。このことを前もって分かっていると、相手をみつけやすいかもしれません。またそのバースマークにまつわる過去世も積極的に知ってほしいと思います。

 
 現世の現在でまだ出会っていない大切なパートナーと出会う前に本人は勿論分かりません。でも本人の魂は計画した相手であれば知っているわけです。バースマークでなくても、現世に影響の強い過去世の場合、自分も、関わりの強いパートナーも過去世のときと人種は違っても、容姿の特徴がどこかしら似てくることがあります。身長や肌の色や目の色が違っても、過去世となんらかの共通の特徴があります。これが過去世からのパートナーにたいする刷り込みで出会ってすぐ気付く人もいれば、深い男女関係になってから気付くこともあるし、付き合って10年くらいしてから分かることもあります。

 傷やあざなどのバースマークも魂の記憶のロックが一時的にはずれるような、それを見たら、忘れ物をおもいだしたような気持ちがするかもしれません。それが必要なら、いろいろな方法で過去世を思い出すカギがしかけられているのです。これは人生において、楽しいイベントだと思います。

 次回は変更があるかもしれませんが、家族と過去世の情報について書こうかと思います。

あなたの過去世情報を今に役立てるー第6回ー病気とバースマークその2

 前回の続きで、病気と過去世の関連のテーマです。

 今ある症状に困っているので、過去世を出して、何らかの関連を見てくださいと依頼される方が過去に複数いました。その症状はアレルギーのようなこともあれば、肉体の何らかの不具合、例えば、腎臓が他の人より弱いとか、ホルモンの異常からくる体調の悪さで治療をうけてますとか、あるいは自己免疫疾患だろうと言われた、原因不明の症状などです。まず、それが、今の生まれ持った肉体の体質の場合は、お医者様での治療の領域ですね。生活習慣が原因の病気もありますね。それは、無茶な量のお酒を飲むとか、薬を一緒に数多く飲みすぎるとか、毎日塩分の濃いインスタント食品を食べすぎていると、ずっとそんな生活が続けば、肉体には不具合が起こると思います。
 体の症状は、その状態を変えたいという肉体の危険信号かもしれないです。なぜこんな症状がおこるか、自分でも考えてみると、もしかしてこれが原因かなと見えてくるものが、あるかもしれません。検査すれば何の病気か判断が出来るものは、なおるノウハウがあれば、大丈夫です。

 でも問題はそれ以外の症状、体は健康で検査をすると何の問題もないと言われたのに、体じゅうが痛いという人が来ました。その方は、若い男性で、いままでに、数回入院なさって、最初に運ばれたのは、高校生のころだとおっしゃっていました。じっとしていられないくらい体全体が痛かったそうですが、検査をしたら、どこも異常がないということでした。その後の入院は精神的なことが原因だろうということで、精神科にしばらくいたそうです。けれども彼と話していると、精神病の症状はなかったように思います。彼の過去世を出して見ると、直前の前世かその一つ前の過去世位で、(私の所に数回来た方ですが、過去世年表を出していないので厳密には直前の前世かその前か不確かです。)アメリカ人でベトナム戦争に行って、まだ20歳前後の若さで、爆弾で肉体をばらばらに飛ばされていたのでした。アメリカ軍の兵器の味方への誤射が原因でした。彼は混血でカラードでした。最前線の基地に送られて、ベトコンという暗闇の中でも活動できるゲリラの兵士の波状攻撃で、味方の軍がとても神経質になっていたのです。その時のつらさが現世に現れていたのかもしれませんね。今は彼は痛みも薄らいで、お仕事に励んでいます。

 病気ではないですが、影響のある過去世で溺死(溺れて亡くなること)が死因であった場合、現世で水を怖がる人は非常に多いです。ご夫婦で見えられて御主人は奥様の付き添いで夫婦の共通の過去世を出すことを希望されていたときに、5回ある共通の過去世で御主人のずっと前の人生が水にまつわる事故で亡くなったものが3つもありました。そして、実は御主人は現世で、水が苦手で、洗面器で顔をつけることも嫌がる人だと過去世を出し終わってから聞きました。海の水に膝までつかることも出来ないそうです。現世の子供のころに水にまつわる事故は無かったということでした。

 これは特別なケースですが、インパクトの強い人生の死因が現在の傾向に影響を与えることはあります。基本的には過去世や前世と同じ年齢で同じ死因で亡くなることはありません。ただ癌だった場合に、胃がんで亡くなったのに現世で、同じ胃の部位の癌で亡くなることはないということで、腸の癌になったり、肺や肝臓の他の臓器の癌だと別の亡くなり方の範囲に入るかもしれません。

 
 今までたくさんの過去世、前世を出した中で、紀元前までさかのぼった、亡くなり方で戦争による死が非常に多いです。兵士の時もあるし、一般市民で住んでいるところが戦場になって巻き込まれてのこともあります。それから、餓死や凍死水が汚染されたことによるコレラや赤痢、飲み水の不足の脱水状態の死や、溺死等の事故による死も意外と多いです。病気では、いろいろな感染症による治らなかった結果の肺炎や心臓の異変などの死が多いです。これを見ていくと、抗生物質がいかにすごい発見かというのが分かりますが、過ぎたるは及ばざるがごとしで、ひどくない時に多用すると抗生物質耐性菌ができてしまうので危険かもしれませんが、死亡率を極端に減らしてくれている有難いものですね。

 人間にとっては迷惑ですが、自然の中で人間と増えるのを争っているように見えるウィルスの進化もまたすごいですね。
 ちょっと暗い過去世の死因の話になりましたが、長くなるので、続きは次回にします。
 
 来週は、自分自身や、恋人や結婚相手にある、バースマーク(生まれた時から持っているあざや幼少のころからある傷)などと過去世、前世の関連についてです。
プロフィール

観音寺りえ

Author:観音寺りえ
アトラス研究所の観音寺りえです。

鑑定とカウンセリングご希望
の方は当研究所 
住所: 東京都文京区千石4-37-10 
TEL: 03-3942-1341
まで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード