文明のルーツを探る その6 -地球のルーツ(後篇)

 前回の続きで、「地球大進化」という番組の後半のまとめと、私の感想です。

 話は第2章に入って、今から2億5千万年前にまたまた時代が大きく飛びます。2憶5千万年前は、95パーセントの地球上の生物が絶滅したそうです。原因は当時大陸が大きい一つの大陸だったと想像され、その大陸の周りがいくつかのプレートの層に囲まれていて、そのプレートどうしがぶつかりあって、高い山ができ、マグマの地下活動が刺激され、大噴火が起こったそうです。この噴火の規模は、富士山の噴火の1万年分に相当するエネルギーの4万倍だったそうです。

 噴き上げた溶岩の高さは2000mから3000mで50kmの噴火のカーテンのようだそうです。見てきた人はいないわけですが、地層の痕跡からかなり正確にわかるのでしょう。その跡は今のロシアのシベリアから中央シベリアの山や地形全部がそのときの溶岩の跡です。

 噴火後に二酸化炭素の量が出て、温室効果をもたらして、温度が上昇し、さらに海底に沈んでいたメタンハイドレード(今も日本海のまわりの海底にあって、これを取りだすことができれば、今後100年のエネルギー問題は解決するそうです)が熱でとけて、酸素と結び付き、海水温も上昇し、気温が赤道付近で7~8℃、南極北極で25℃以上あがったようです。

 ピーターウォード博士の説によると、植物も当時は壊滅状態で、酸素濃度が30%から10%に下がったそうです。(現在は20%くらいだそうです。)

 その後噴火がおさまると、恐竜が大繁殖するわけですが、恐竜は気嚢(酸素をとりこむ器官)のシステムが発達していて、低酸素に対応した体をしていて、大繁殖したというのです。私たちの祖先?と番組では言っているのですが、私は、人間の直接の祖先は宇宙から来たのではないかという考え方をしているので、祖先とは考えませんが、番組で言う人間の祖先は当時は、哺乳類型爬虫類だそうです。哺乳類型といっても、まだ胎生ではなく、卵で孵化するトカゲのようなものなので、私はこのこじつけの進化論には反対です。自然発生と環境適応さらに、突然変異が原因だとしても、今存在している人間を含めた生物の姿に結び付けるのは、無理があると思うからです。

 番組ではさらに進んで、低酸素下で、恐竜に比べて小型の哺乳類型爬虫類が、卵生から胎生を獲得して行ったというのです。これが全ての哺乳類の先祖だというのです。数1千万年から1億年の間に、そんなに簡単に卵で子孫を増やしていたものが、お腹で子供を育てる形になるものでしょうか?では、今の哺乳類が、また環境に適応するために先祖帰りをして、卵生になることも可能なのでしょうか?哺乳類型爬虫類と哺乳類は別の生き物で先祖でも子孫でもないと考える方が自然な感じがします。

その後 、隕石の衝突の為か、大きすぎたためか、食料が少なくなったのか、地球が冷えた為か、原因ははっきりわからないそうですが、今から6500万年前に恐竜は絶滅します。

 恐竜のいたころから、ひとつであったパンゲア大陸は2億5千万年前から時間をかけて、大移動をして、ローラシア大陸とゴンドワナ大陸に分かれ、6500年前に今の大陸のかたちになり、300万年くらい前に今の位置におちついたようです。

 その後気候の大変動があり、人間の祖先であるネズミのような哺乳類が、肉食獣を避けるために、木の上で生活し、手を使って、木の果実をとり目の機能が目覚ましく、発達し、猿となります。進化論ではここの移り変わりがあまり自然でないような気がします。

 それから、猿の一部が、食料を求めて、木から降りて新猿類となります。そして、脳が発達し表情が生まれ群れ社会が発達して、350万年前にアウストラロピテクスの猿人が出て、進化論では脳の容量が増えホモ・サピエンスと呼ばれる今の人類の直接の祖先が出てさらに脳の容量が増え、道具や火を使い、文明を作ったというのです。

 この後20種以上の古生人が淘汰されて、今の人類1種類になったというのが、多くの人が学んでいる進化論です。

 今の人類に直接重なる先祖の化石とその前の人類の化石の間をうめる化石が発見されていないそうです。20種以上の他の古生人は環境に適応しないという理由?だけでなぜ絶滅したのでしょうか?人類にいたる途中の亜流の人類がなぜ生き残っていないのでしょうか。猿と先祖を一緒にするのであれば、猿と人間の間の生物はなぜそんざいしないのでしょう?

 人間は宇宙から移住してきたものの子孫で、猿のような生物に遺伝子操作をしたとすると、いろいろな試みがなされ、今の人類以外は排除されたとも考えることが出来るかもしれません。

 これからの人間の起源や、考古学、または宇宙考古学でその謎が解き明かされる時期が来ればいいなと思います。
スポンサーサイト

文明のルーツを探る その5 -地球のルーツ(前篇)ー

 暑くなってきましたが、例年より温度が上昇しているとか、昔の日本に比べて異常気象だと言っても、日本を含め世界中で、熱帯から温帯、寒帯の地域も南極と北極を抜かせば、今の地球は人類や多くの生物が生きていくのには、とても良い環境です。地球はこのような環境に偶然なっていったのでしょうか?地球の誕生から現在まで、確率的にありえないような偶然の積み重ねで、現在のような住みやすい環境が生まれたのか、何かが意図的に手を加えたのかとても興味のわくところだと思います。

 そして、生命の源とされるバクテリアや微生物はどこからきたのでしょうか?

 今回は2004年に作られた「NHKスペシャル・地球大進化」という番組のDVDを見る機会があったので、その簡単なあらすじと私の感想を所々に付け加えたいと思います。

 全体は 5時間ちょっとで2章に分かれています。世界のいろいろな学者に取材して真面目に作っている番組で、進化論に従って構成しています。進化論をそのまま全部あてはまると無理な部分もあるといわれています。私にも難しくてうまくまとめられるか、退屈かもしれませんが、ものすごく簡単にまとめてみましょう。

 物語としてはとてもすてきなお話です。

 昔々ある銀河に太陽を中心に星の子供が20個ほど回っていました。今から46億年ほど前の事です。20個ほどのミニ惑星たちは、1000万年の間、太陽の周りを平和にまわっていました。

 あるとき、力のバランスがくずれて、ミニ惑星たちはすごい勢いで衝突を始めました。その熱エネルギーは激しく小さい惑星はぶつかっては水あめのようにくっつき、雪だるまのように大きくなっていった星もありました。

 太陽に一番近い水星はミニ惑星1~2個、金星は8個、そして我々の住んでいる地球はミニ惑星10個分がくっついて出来た大きな星です。火星はどこの星ともくっつかなかったそうで、1個分で小さいゆえに重力が弱く、かつて水や大気があったのに、ひきとめておくことが出来なかったと言われています。地球は大きいがゆえに適度な重力があったので、大気や水をひきとめ易かったと言われていますが、あまりにも幸運に恵まれていますね。

 大きくなった地球と最後に衝突したのは月になった惑星で、重力のアンバランスで月は地球に何回も衝突したのではないかと言われています。番組では言っていなかったですが、月の表面が地球の陸地のもとになったのかもしれません。月は金属物質のかたまりで、地球の内部の構造と似ているということです。地球の周りには衝突後かなり長い期間にかけらが地球をとりまいていました。

 今から40億年前くらいにかけらが隕石となって地球にふりそそぎました。番組内の採用した説では、直径200キロ程度の隕石が10回~20回、300キロ程度のものが、3回~11回、400キロ以上の隕石が8回くらい
地球におちたのではと推測されています。

 この隕石衝突は地球にとてつもない影響をあたえたそうで、岩石が波のように1000キロメートルくらい空中に巻き上げられる地殻津波というものを起こして、海は4000℃~6000℃(太陽の温度と同じだそうです)になって蒸発し、岩石までも蒸発する温度だったそうです。表面は4000度の熱風でおおわれた地球は火の球になっていたわけですね。全海洋蒸発が起こってそのままなら、火星と同じように地球は生命のあふれる星にはならなかったでしょう。
 その蒸発が終わって1000年~2000年後地球上では年間3000ミリの雨がふってまた、海ができました。番組ではそのころバクテリアのような微生物がいたのではと推論していますが、バクテリアが地球上に初めからいたのか、太陽系外の星からとんできた隕石の奥の方についていた宇宙のチリのようなものなのか、または、別のおおいなる宇宙生物が経過を観察しながら、地球に送り込んだものなのか?宗教流にいえば生物の創造主がつくったものなのか?私には、自然発生的に無からわいて出たとはどうしても思えません。

 番組ではそこから6億年前の地球にお話がとびます。海の中に植物の先祖の植物系微生物と、動物の先祖?である動物系微生物とメタンを出す微生物が仲良く繁栄していたそうです。植物系は酸素を出しメタンは地球を温暖に保って、さらに高等な生物が生きていきやすい環境になりつつあったのに、またまた3つの微生物の間に力の不均衡が生まれて、メタンが酸素と結び付いて、数が減って行き、地球上の温度がどんどん低下して、今度は地球が氷の球になる全球凍結という事態がおこったそうです。火の球になったり、氷の球になったり、それぞれの時代の地球にとっては、悲劇が訪れたようにみえますが、生物の進化にとっては、必要だったそうです。

 氷の下、では火山活動や地熱がありそこにはたくさんの微生物がいたそうです。全球凍結の前は酸素量がすくなく、現在の20分の1だったそうです。そのままでは今いる生物は生きていけませんね。凍結することで酸素量が膨大に増えたそうです。

 そのあと地下活動が活発になって、火山が噴火し、二酸化炭素の量が、今の時代の300倍だったそうです。この二酸化炭素が多量だったのも、温室効果で氷が解けて生命には、とても都合の良いことでした。

 気温がマイナス50℃から50℃の高温になりました。寒暖の差が激しく変化して、大気を動かし、ハイパーハリケーンが海の底をかき混ぜ、栄養分を海面に運び、そのあと植物系の海の微生物が大繁殖して、酸素を多量に作り、今の20パーセントという酸素濃度になったそうです。動物系の微生物が進化し、大型化していったということでした。

 これらの一連の物語りはあまりにも都合のよい偶然が重なりすぎていて、人工的に作られたと考えた方が、起こる確率が高いのではと考えてしまいそうです。生命の繁栄する星のお決まりのコースなのか、太陽系以外の他の星と現在の知識では比べられないので何とも言えません。

 アメリカの天文学者フランク・ドレイクという学者が、知的生命体がいる確率をドレイク方程式というもので、計算しましたが、とても楽観的に出すと100億個の星があてはまるそうです。最も悲観的な意見では地球1個だそうです。宇宙研究で有名なカール・セーガン博士は100万個の星に知的生命体がいると考えています。

 次回は後半です。 

文明のルーツを探る その4 -第4種接近遭遇ー

 前回の雪のように降っていた白いふわふわしたものは、よく調べたら、雪虫の仲間で、5月前後に発生することがある白い綿毛のある綿虫のようです。あまりにも多量であったので、異常気象や地震などの影響で異常発生したのかもしれませんね。

 今回は第4種遭遇がテーマです。第1種接近遭遇は空飛ぶ円盤を目撃すること、第2種は空飛ぶ円盤が周囲に何かしらの影響を与えること。(例えば、着陸跡が焦げて残っていたりとか、畑の草に幾何学模様が残っていたりするミステリーサークルの跡をつけるなどでしょうか?)第3種は空飛ぶ円盤の搭乗員と接触することで、第4種接近遭遇は、空飛ぶ円盤の搭乗員に誘拐されたり、インプラント(体に何か金属や機械のようなものを埋め込まれること)というふうに言わ
れています。(ウィキペディアより)

 ミラ。ジョボォビッチさん主演の「フォース・カインド」という映画の題名も第4種接近遭遇という意味です。この映画は私も見ましたが、実話をもとに作っているという設定にしてあってとても面白かったですが、フィクションだそうです。
 ミラさん扮する夫を失った心理学者が、夫の死の真相を探りながら町の人たちの共通の奇妙な夢のイメージを追って行ったら、宇宙人による誘拐拉致事件にいきついたという話です。町の人をアメリカの心理学者がお得意な催眠術をかけて、夢の中の分析や失ったと思われる記憶をたどって、主人公が驚愕の事実を知る、そして彼女の身近にも宇宙人が・・・という内容になっています。この映画は作り話です。

 でも、実際のUFOの目撃例の中に宇宙船の中に入ったとか、何かインプラントされたようだとか、何か実験対象になったという記憶をもっている人が、かなりいると聞いたことがあります。

 催眠術による共同の物語りを誘導されながら作ってそういう話になったものがあるかもしれませんが、体の中に金属片や地球上にちょっとないような物質が埋め込まれた例もあるそうです。ひとつひとつ事実を検証しないとわからないところでしょうね。

 話は前回の続きに戻ります。70代のデザイナーの女性の話でした。渋谷のデパートの休憩場所で人間離れをした姿の白人系の背の高い男の人か女の人か不明の人に娘さんと一緒に遭遇したという話でした。

 その正体がはっきりとはつかめませんが、透視をしていくと、そのタイプの人に彼女があったのは、初めてではないようです。ここからは推測ですが、子供のころに自宅で会っていた背の高い人物とも関係ありそうでした。

 円盤の発見者の元祖といわれる、ジョージ・アダムスキー(1891~1965ポーランド系アメリカ人)は自ら宇宙人に会って第4種接近遭遇をしたといっていました。円盤の写真も撮ったそうですが、今はそれは自作の模型だったといううわさもあります。彼の話の真偽より彼が、人間とそっくりで、北欧系の背の高い人種ににている宇宙人を金星人と分類しているのですが、(もちろん金星には人類も宇宙人もいないと思うので、金星に基地のあった宇宙人というべきでしょうか・・)彼女の話からすると会った人?は、その金星人の分類にちかいような感じです。

 これに対して、最近の意見ではネット上で、金星人もグレイも人間に近い宇宙人なんて環境が地球と全く同じ星というのはありえないから、UFOに搭乗しているのは、他の星から来た宇宙人ではなくて、未来人が未来の乗り物UFOを操縦して、タイムマシンのような装置を使って、歴史上の過去の時代を観光?にきているのではという説がはやっているようです。グレイは現代の人間が進化したはての姿ではないかというのです。

 その意見を私は最近知ったのですが、例えばUFOの事故で未来の人が墜落したり過去の人に生け捕りにされると、それから、過去の先祖の人間を事故で殺してしまうと、タイムパラドックスが起こってしまうので、未来の人間というよりは、地球外の生物と考えるほうが自然だと思います。タイムパラドックスというのは、過去に戻って自分の先祖と接触して、その為に先祖が亡くなると自分の存在はどうなるかということになります。SF小説では、先祖に会わなくても過去の物を未来に未来の物を過去に持っていくと、ほんの小さな事でも、バタフライ・イフェクトといって大きな波紋が起こり文明が滅亡することもありえるという論があります。

 次回はあるTV番組のビデオを参考にして、地球の過去と生物や人間の起源について考えたいと思います。

文明のルーツを探る その3 -不思議な光景ー

 今回はタイトルから少しずれますが、先日私が見た不思議な光景から思ったことと、昨日いらしていただいた女性が見た不思議な光景の二つの事についてです。

 5月2日の午後5時から6時ころに、バスの定期を買いに巣鴨駅の先のバス事務所に行こうとしました。巣鴨駅の地蔵通りの入口にある歩道橋をバス事務所に向かって渡ろうとしたとき、目の前をシャープペンの先より小さい白いタンポポの綿毛の十分の一よりもっと小さい白いものがたくさんふわふわと飛んでいました。その数は数百メートルの範囲に雪がふっているように感じるほどの多さでした。歩道橋の上にも飛んでいたので、10数メートルうえまで飛んでいたかもしれません。それは生物のような生物じゃないような中間の物というイメージです。今まで生きてきてこんな光景は初めてみました。

 北国で冬の初めに見られる雪虫という白い綿毛をつけた虫ともかたちも大きさも違うようです。(雪虫を綿虫ともいうそうです。アブラムシ科の虫だそうです)今は五月ですし・・・

 歩いている人はハンカチで口を抑えたり、その白い小さい物を払ったり、気にしないで歩いたりしている人とそれぞれでした。黒い髪の毛に付いている人もたくさんいました。私はマスクをしました。口や鼻にはいりそうなほど小さかったです。

 子供のころから見ている川や野原や田畑の上を飛んでいる50センチから1メートルくらいの塊の黒い小さい蚊のような飛び方ではありません。それは頭虫という虫だそうですが、それとは大きさと色と飛び方が違います。

 粉雪のように、白い火山灰のようにふわふわと飛んでいました。バスの事務所の小部屋にそのいくつかは、私と一緒に入りましたが、狭い部屋の中で消えてしまいました。一瞬どこかで何かを多量に燃やして灰が降っているのかと錯覚しました。巣鴨で数十年やっているお蕎麦屋のお年な店員さんにその話をして、以前にあったか聞いてもいままでそんなもの見たことないよという話でした。川も田畑も野原も近くにはなさそうでした。

 この時、昔、本で読んだケサランパサランというのを思い出しました。
ケサランパサランはとてもおもしろい言葉ですが、もう一度調べてみると、白い毛玉のような空中をフラフラと飛んでいる未確認生物の総称 ということでした。大きさもいろいろで、植物的なものと動物的なものがあるそうです。この生物は世界中でみられるそうで、スペイン語の「ケセラセラ」が語源だという説と「袈裟羅・婆裟羅」(けさら・ばさら)という梵語が語源だという説、羽のようにパサパサしているからという説、「何が何だかさっぱりわからん」を意味する東北地方の言葉との説があるそうです。(ウィキペディアから)


 最近2009年頃に山形県の小学生が見つけたものは、ウサギのまるい毛玉でそれは専門家が、猛禽類の鳥がウサギを空中で捕獲し空中で皮をはいでいるうちに毛皮がまるまって野原に落ちたものではということが書かれていました。(ちょっとウサギがかわいそうな話でありますが、これはケサランパサランの動物的なものの例だそうです。これは勿論生きてはいませんね。写真はウサギの毛のブローチや毛玉のようでした。)


 江戸時代にも百科事典にあたる『和漢三才図会』に「へいさらばさら・へいさらばさる」という白い玉のことが書いてあるそうです。

 民間伝承では、ひとつひとつが小さな妖力を持つ妖怪ともいわれ、逃げないような小さな空気穴をあけた箱の中でおしろいを餌に飼うことができるとか、増えたり持ち主に幸せを呼んだりすると言われているようです。1年に2回以上見るとその妖力が消えてしまうこともあるそうです。それを持っていることは人に知らせない方がいいそうです。

 植物の綿毛のようにも白い生き物のようにも見える可愛いケサランパサランが皆さんに等しく降って、もっと幸せになるといいなと思います。


 もうひとつの昨日いらした方のことを書きますね。その方は70台前半のデザイナーをされていた素敵な女性で、その方の見た光景を少し話して長くなったら次回に後半を書きますね。

 彼女は今は引退されて、御嬢さんとふたりで暮らしていらっしゃいますが、よくUFOが飛んでいるのを見るそうです。写真にも携帯にも撮っているそうですが、昨日はそれを持っていらしてはいませんでした。けれども数年前のとても気になる光景の話をしてくれました。2003年前後に渋谷の東急デパートの3階に行ってエスカレーター横の椅子にすわって休憩していた時のことだそうです。同居されていない方のもう一人の娘さんと買い物に行って二人で坐っていると、自分の前に不思議な格好をした、外国人のようなあるいは人間離れしたような背が2メートル以上ある男か女かわからない人が立っていた、というお話でした。

 立っていた人?は銀髪か白に近い肩までの長さのプラチナブロンドで、灰色の瞳をしていたそうです。麻の生なりの色のケープとロングスカートを着て、ギリシャ人のようなサンダルと麻のバックを手に提げていたそうです。
一緒にいた30歳くらいの娘さんも見ていて、大人でも震えてしまうほど怖がっていたそうです。娘さんはそれ以来そのことは話したがらないそうです。

 そのお母さんであるデザイナーの女性はその人が前にたったら、胸がずしんと重く感じて、しばらくずきずきしていたそうです。そして、私に、彼女の胸の鎖骨の下あたりになにかあるのではないかとおっしゃっていました。
レントゲンでは小さな肺炎あとかなにかが影のように映るそうですが異物とはいわれないそうです。
 
 よく話を聞いていくと、小学生の入学前(東京大空襲の前だそうですが、)板橋の御自宅で、兄弟と寝ている夜中に自分だけ目がさめて部屋があかるくなり、背の高い人が立っていて、また寝てしまった記憶があるということでした。当時は背の高い人はお父さんだと思いこんでいたけれど、今考えると何か変だということでした。

 次回は過去のその方の記憶の中をその場面にもどって私が透視したことと、タイトルは「第四種接近遭遇」についてです。読んでくださいね。
プロフィール

観音寺りえ

Author:観音寺りえ
アトラス研究所の観音寺りえです。

鑑定とカウンセリングご希望
の方は当研究所 
住所: 東京都文京区千石4-37-10 
TEL: 03-3942-1341
まで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード