不思議な話 その67 鬼について(2)

 鬼の言葉の起源は、1、隠(おん)の字と音から転じたという説と 2、陰の字から転じたという説と、3、日本古代の固有名詞という説と4、大人をさすという説があるそうです。『源氏物語』に登場する鬼は皆、女性の姿をしていたということで、怨霊や霊をさしていたのでしょう。

 説話の中の鬼は鬼を退治した侍が切った片腕を取り返すために、女に化けて武者に近づきます。息子の片腕があるだろう、それを見せてくれと言ってたちまち腕を奪い取って逃げて行きます。

 鬼は古代は一定の形、キャラクターはしていなかったのですが、その後、家相等で知られる丑寅の方角と関係があるといわれて次のような姿が一般的になりました。しゃれのようですが、牛の角と、虎の皮のパンツを鬼ははいていますね。その姿は牛と虎からとられたともいいます。肌の色はいろいろで、「赤鬼」「青鬼」「緑鬼」などと呼ばれます。外国の見慣れない人の姿を見て、想像してその姿が出来たという人もいます。

 私は家相も見ることができますが、日本の家屋はたいてい見取り図が正方形や長方形が多いので。3分の1以上かけていたら、欠けているところを補うか3分の1以下なら削り取った、家の平面の図の対角線上が家の中心になります。その中心の点を通って、東西南北に線をひきそれが正中線になります。北東の丑寅(うしとら)の方位は、「鬼門」といわれ家相では汚したり、方位を犯すことを嫌がります鬼門の反対側を「裏鬼門」といい鬼門と裏鬼門を結んだ線が「鬼門線」です。この線はエネルギーの強いところで、日本の住宅事情では難しいかもしれませんが、その鬼門線上に体がかかるような寝る位置はあまり感心しません。頭が鬼門線にかかると、不安定になったり、頭痛がしたり、熟睡しにくいとか、あまりさえた状態にならないかもしれません。また、体が鬼門線にかかって寝ているとその部分の故障が起こりやすいです。何も影響を受けない人もいますが、受ける人も少なくないです。

 鬼門には、トイレや水回りをさけて設計されることがあります。これは、暖房設備のあまりない昔から、北東の方位は湿気やすく、カビが生えやすいことから、いつもじめじめしているものを配置するのは、よくないという根拠があるようで、科学的に裏付けがあります。一方裏鬼門は南西で西日が当たる為、冷蔵庫のない昔の時代では、物が腐りやすくなります。食料品を置いたり、火をここで使うのはあまり好ましくないですが、マンションやアパート等の集合住宅、都市の住宅ではやむを得ないこともあります。

 鬼の話にもどりましょう。日本では古くから鬼をテーマとした「鬼むかし」とよばれた昔話に鬼が頻繁に出てくる話があります。日本人の祖霊に対する信仰は昔からあり、伝統的な祭事は祖霊の神を迎えることから始まります。祖霊の中でも日本人を悩ましたのは、荒ぶる神で、日本人の農耕にわざわいをもたらす時、それは、疫病神として人間に対峙しました。鬼は人間に害をなすものとしての一面も備えながら、神としての一面もあるのです。古代の「日本書紀」にあるように荒ぶる神としての鬼は身分の高い豪族の蘇我入鹿の霊が、斉明天皇の葬儀で、大化の改新の時に殺された者の怨念として鬼になって、後の天皇にたたりを及ぼすと考えられました。 

 また、その後の時代の菅原道真は、権力闘争で敗れ、九州の太宰府に流されてその後亡くなり怨霊(鬼)となって、都に出没し、たたりをもたらします。日本人にとっては、鬼は端に悪いことをする悪鬼というだけでなく、時に荒ぶる神となり、後の時代に信仰の対象となります。神に近くなった鬼は鬼神となりこの世を超越する存在となり、意味がさらに拡大して、尋常でない能力を持つ人を鬼才(神が与えた天才)という表現をして尊敬しました。日本人は、善悪という二元論の一方にいる悪としての鬼だけではなく、善悪を乗り越えた尊敬すべき対象としての鬼を迎え入れる懐の深さを古代から持っていたのです。
 
 国語学、日本語学の研究者の大野晋氏(1919~2008年、『日本語練習帳』などのベストセラーを書いた。)は日本語をタミル語由来であるという説を唱えていましたが、日本では鬼を「おに」と呼ぶ以前に「もの」と呼んでいたのに平安時代末期に「おに」の読みにとって代わられたことを指摘し、さらに大野晋氏はタミル語でも「鬼」は女性からなるものと考えられ、日本語の鬼は、中国の道教が伝わって広まる以前の弥生時代から南インドにおける鬼(モノ)を恐れる観念(怨霊信仰)が伝わり、その鬼の由来となったと考えました。

 次回は、中国での鬼に対する古くからの考えをまとめ、仏教の中での鬼の位置を考えましょう。
スポンサーサイト

不思議な話 その66 鬼について

 今回は趣向を変えて、「鬼」に関する話です。日本人にとっての鬼のイメージは、そのイメージする範囲が広いと思いますが、一般的には現代では私たちがよく目にするのは、節分の鬼のお面です。節分でなぜ豆まきをする習慣があるかというと、節分は旧暦では新年です。新年に今年1年健康であるように、病の鬼(疫病の神)を熱く炒った豆で撃退するのです。鬼のお面をかぶった人は鬼に扮して、豆の攻撃から家の外に逃げます。

 日本の古典文学等では鬼は登場していました。古代では鬼は「もの」と呼ばれ、『古事記』や『日本書紀』にも出てきます。900年前後に出来たとされる『伊勢物語』という歌物語でも、主人公の男が夜、女(姫)をつれて逃げている途中で鬼に女を一口で食べられてしまうという物語があり、戦争や災害や飢饉などの突然の人の死などを例えて鬼が異界につれさるなどと表現しました。平安末期から中世の時代の説話にも鬼はやはり、人を襲って食べたり、怨霊になって人に害をなしたりします。

 鬼の研究をした馬場あき子さんという人は。鬼を5種類に分けて、1、民族学上の意味での鬼は祖霊や地霊。2、山岳宗教系の鬼、山伏系の鬼(天狗などをさすそうです。)3、仏教系の鬼、邪鬼、夜叉、羅刹。4、人鬼系の鬼(盗賊や凶悪な人)。5、怨恨や憤怒によって鬼に変身する。

 鬼の概念は6世紀後半に中国から入ってきたらしいのです。中国では死んだ人は皆鬼と呼ばれるので、日本で言う「霊」と同じ意味かと思われます。

 中国で亡くなった人をなぜ「鬼」とよぶかというと、中国人の哲学的観点である、道教と儒教の影響があるようです。
道教では、人間の死に関して「魂魄」という考え方をしました。「魂」は精神をささえる気をさし、「魄」は肉体をささえる気をさします。魂と魄は易経の思想で言うと、魂が陽で、天に帰り、魄は陰で地に帰ると考えられました。中国の民間信仰では、三魂七魄あるとされました。三魂は天魂(死後天に向かう)、地魂(死後、地に向かう)、人魂(死後、墓場に残る)七魄は感情で、喜び、怒り、哀しみ、懼れ(おそれ)、愛情、憎しみ、欲望をさすようです。

 昔、「キョンシー」の中国映画が流行りましたが、このキョンシーは魂が天に帰り、魄(肉体)のみの存在で、今、はやっているゾンビと共通するところもあるかもしれません。

 道教より少し後に出来た儒教では魂魄の解釈は少し違いがあります。儒教の朱子は、世界の物事の材料はすべて「気」で、人間は「気」の中でも優れた気「精気」の集まった存在と考えました。「気」が散じて死ぬのです。気は再び集まることは、儒教では考えれないとするので、仏教の輪廻転生の再生産を否定しています。

 気が散じて死ぬことで、魂は天に昇り、魄は地へ帰り、「鬼」になります。この儒教の朱子の考え方に日本の鬼についての考えや、祖霊信仰の考え方にも影響されているのかもしれません。散逸した気が再び集まって、この世に招魂されるのか、一度散逸した気は再び集まり来ることが出来るかで、祭司を何の為にやるのかという論争が林羅山などの朱子学者の間でおきました。日本の江戸時代では、無鬼論者(伊藤仁斎)と有鬼論者(荻生徂徠)とに死者に対する考え方が分かれました。

 鬼の解釈をもっと広げると昔話の中に出てくる妖怪も入ります。『今昔物語集』という仏教説話集では、百鬼夜行の話や鬼についての話は十話以上あります。百鬼は異界(他界)とこの世との境界を行き来します。さらに広げると、鬼と神は同義として使われます。

 次回この続きを書きましょう。 

 

不思議な話 その65 未来の再生医療と映画「エリジウム」「タイム」

 前に書こうと思っていた、遠い未来の再生医療と再生医療に関係した映画「エリジウム」(DVDで販売されてますがすじのネタバレがあるかもしれません。)について書きますね。

 昨年くらいでしょうか、人工臓器を3Dプリンターで作ろうとしているUSAのカリフォルニア州サンデイエゴにあるオーガノボ(Organovo)という会社の研究者が、初めて人間の肝臓の小さなレプリカを作るのに成功したという記事を読みました。厚さ0.5ミリ、幅4ミリのミニュチュアサイズの肝臓ですが、普通の肝臓と同じ機能が果たせます。この研究が未来に成功すると、3Dプリントした肝臓が病気の方の肝臓に移植できるようになるということです。

 今はこのミニ肝臓は、人体から採取した肝臓のごく一部を使っているので、5日間くらいしか機能しないそうですが、実物の動きもシュミレーションできて、ホルモンや薬を体に運ぶアルブミンや、脂肪を運ぶコレステーロール、アルコールを分解する酵素が生成されるそうです。

 この会社では、普通サイズの肝臓を3Dプリントし、人体に移植することを目指しています。それには、臓器全体に血液をいきわたらせる必要があるそうです。その為に血管を実物大でプリントして肝臓にくっつけなければならないそうですが、将来実現しそうですね。

 このような試みはいろいろな人間のパーツで未来には成功することになるでしょう。歯や目や耳や皮膚、各臓器、心臓も可能になるでしょう。でも誰でもがその恩恵にあづかれるとは限りません。

 ちょっと前までロードショーしていた映画「エリジウム」(2013年9月)は「第9地区」(2009年8月)という変わった映画を低予算でつくったニール・ブロムガンブという監督が作りました。主演はマット・ディモン敵役にジョディ・フォスター、第9地区の主人公シャールト・コプリーが確か悪役になっていると思います。

 第9地区は私も見ましたが、とても変わった面白い映画でした。地球に難民としてやってきたエイリアンとそれを抑圧する人間社会の対立を描いて、貧富の差と差別を描いていたような・・・主人公のエイリアン対策の役人だったと思うのですが、その主人公はエイリアンに冷徹にせっしていたのですが、同情をおぼえて接触しているうちに、地区の謎の黒い液体を浴びてしまい、自分も同じエイリアンのすがたになっていくという内容だったような記憶があります。この主人公がシャルート・コブリーで、頼りないような細いやる気のなさそうな男性でした。彼は役人のボスである義理の父親に、エイリアンに変化した人間として人体実験されそうになって逃げます。そして、第9地区に逃げ込んで、エビの姿をした友人が出来、最後は犠牲になって友人のエイリアンを逃がします。この映画は南アフリカで制作され、南アフリカのスラム化した地域の人々の差別の問題を象徴していると言われました。

 エリジウムは同じ監督が4年後に作った映画です。エリジウムも第9地区にあるテーマと共通部分があり、エリジウムでは貧富の差の格差社会に対する批判も込められています。エリジウムの意味は選ばれた人々の住むところという意味です。

 あらすじをネタバレになるかもしれませんが、少し書きます。2154年、地球は大気汚染と人工の過剰に苦しみ、お金持ちや権力者はスペースコロニーエリジウムに住んでいます。そこでは、貧困も汚染も病気も存在しません。主人公のマックス(マット・ディモン)はまだ若いですが、両親が亡くなって施設で育ち、施設を出てから、貧しさゆえに自動車強盗を繰り返し刑務所ですごすことが多かったのです。彼は強盗から足を洗い、真面目に工場で働くことにしました。警察はロボットで、給料を払うロボットがいたり、会社もロボットが管理しています。人間もロボットに交じって作業をしているのですが、彼はずさんな会社の管理で事故で大けがをしてしまいます。彼は、あと5日の命と診断され、きちんとした治療も受けられずに医療ロボットから痛み止めのような薬だけもらって、わずかなお金をもらって会社を解雇されま
す。

 マックスは友人のフリオやエリジウムまで密入国のようなことをしているスパイダーという男に、行き方を教えてもらいます。エリジウムでは、彼の事故での回復は再生医療によって可能なのです。エリジウムの再生医療ではどんな病気や体の欠損も治すことが出来ます。

 エリジウムの権力者で、治安を守っている長官のテラコート(ジョディ・フォスター)は地上に住む凶悪なエージェントのクルーガー(シャ-ルト・コプリー)と協力し、地球からの密入国者を生死をとわず排除しようとします。マックスはスパイダーの仲間に弱った体を機械でサイボーグのように補強してもらい、エリジウムの設計者の富豪をおそい、体につけた機械と彼の脳をつなぎ、エリジウムの設計と秘密を手に入れます。つまりエリジウムのコンピューターにアクセスする方法を手に入れたのです。施設でいっしょに育った憧れの女性の子供を助けるべく、彼はエリジウムに向かい、テラコート長官や悪党のクルーガーと戦い、憧れの人が人質になったのを助け、その娘も助け、彼がコンピューターにアクセスすると、彼の脳が停止すると知りながら、自分の命をかけて貧困と病気に苦しむ、地上の人々の為に、再生医療用のカプセルを搭載したロケットを地球に飛ばします。コンピューターに全ての人を平等に助けるという指示を出した後、彼は力つきて亡くなります。

 エリジウムでも第9地区と同じ「貧困」と「差別」格差社会と戦う主人公というテーマが描かれています。映像はきれいとは言えませんが、荒廃した地球の都市のようすがよく表現されています。

 「タイム」は2011年にできた映画です。賛否はあると思いますが、私は面白いと思いました。スタイリッシュSF映画で、主人公はジャステイン・ティンバーレイク、女主人公はアマンダ・セイフライト、敵役に私の好きな俳優のキリアン・マーフィーが出てきます。

 あらすじは科学技術が進歩して、老化現象や病気を解決した近未来が舞台です。25歳で生体の成長が止まると、貧しい者の余命はあと、1年しか設定してないという社会のシステムが出来上がっている未来社会です。

 富裕層は100年でも200年でも年をとらずに生きられるのに、貧しい人々はスラムに住んで、短い寿命を延ばすため、あくせく働いています。家賃も食事代も寿命で払うという皮肉な社会で、寿命がお金の代わりになっています。

 物価が急に上がったことで、主人公のお母さんの寿命が彼の目の前で尽き、主人公は苦しみます。ある時、貧民街に富裕層の男性が来て、主人公は彼を助けます。金持ちの男は体は若いですが、100歳以上で余命も100歳以上あります。彼は長い人生に絶望して、自殺をするべく貧民街に来て、主人公に100歳以上の寿命を与えます。主人公は100歳以上の寿命をもって、富裕層のコロ
ニーに向かいもぐりこみます。しかし、金持ちの男を殺して寿命を奪ったと誤解され、キリアン・マーフィー演じる男にや富裕層の手先に追われます。

 主人公は富豪の令嬢と恋に落ち、彼は彼女を連れて、追われる身でスラム街に逃げ帰ります。二人は追手を倒し、富裕層の権力者の彼女の父親の銀行を襲い、その寿命銀行から寿命を奪い、貧しい人々に寿命を分け与えます。貧富の差の社会秩序を崩壊させてしまうのです。

 タイムの映画には再生医療の描写は直接は出てきませんが、富裕層イコール健康で寿命が長い、貧困層イコール、病気や問題があり寿命が短い、人として尊重されないという図式があります。

 再生医療は素晴らしいことですが、貧富の差で受けられたり受けられなくなる社会はこの二つの映画のように過酷な社会になります。格差に関係なく人として尊重される社会の中で、再生医療技術が平等に成長していくことを祈っています。

不思議な話 その64 宇宙年表 その他思うこと

 桜の花も東京ではさかりを過ぎましたが、お花見に行かれましたか。私の千石の事務所の近くのお屋敷の庭の桜の花が道にたくさん落ちていて、ガクのついた五弁の桜の花をひろって、事務所の花瓶に水晶をいれて水をいれて飾りました。桜の花のエネルギーをもらえるような気がします。ソメイヨシノだと思うのですが、白かった桜の花が、水の中に浮かべて数日たったら、花の中心がピンクに色づいてきました。木から落ちた花も色づくように仕組まれている花の細胞の遺伝情報は凄いと思います。コンピューターでこの変化を表現しようとしたら、かなり大変なことだと思います。桜の花のロボットを作ってある時間を過ぎたら、その花の一部の色が変化するように、プログラムを組むのでしょうか?花でさえ、こんな複雑な変化をする、すべての生き物を設計したのは、誰なのでしょうか?

 前回の疑問として、宇宙は、果たして動いていない一定の空間にあるのか、常に全体が膨張して変化しているのか?動いているなら、始まりは何時か、終りはあるのか?他の宇宙はあるのか、など次々に問題は出てきます。

 今回は宇宙年表をざっと追って行きましょう。ビッグバン以前は、目に見えないですが、最小限の原子より小さいものが、存在し、超高温で、ミクロのエネルギーが、生まれては消えるゆらぎの状態です。重力、電磁力、弱い核の力、強い核の力の4つの力から重力が分かれました。

 137億年前、ビッグバンが起こり、宇宙は急激な速さで膨張します。100秒後に太陽系ほどの大きさになり、物質と反物質が衝突します。

 ビッグバンから38万年後、宇宙のはれ上がり、が起こり温度が3000度以上になり霧が晴れて光が遠くまで届くようになります。

 1億年後、最初の銀河の誕生です。1億年後から8億年後、原子銀河の誕生。

 8億年後、天の川銀河の誕生。37億年後、最初の銀河団の誕生。50億年後から60億年後、宇宙の膨張の速度が、減速から加速に転じる。

 87億年後、宇宙膨張の加速が始まる。

 90億年後、太陽系が誕生する。地球も誕生。

 137億年後、現在の状態。

 600億年以上あと、ビッグリップ、強力な加速膨張により、宇宙全体がばらばらの素粒子のみに。

 90億年の星の誕生をもっと詳しく見て行くと、質量と重力によって、星が形成されるそうです。星の内部温度が上昇し、この熱によって、核反応が起こり、太陽が誕生しました。太陽の周りの円盤状のガスの周辺では、小さな天体が誕生し、その天体の周辺で、衝突を繰り返し、月などの惑星が出来たそうです。

 地球では、隕石の衝突で、惑星の表面温度が上がり、水が作られ、水の惑星となりました。その水の中では、不思議な化学反応が起きて、生命が誕生しました。

 ビッグバンから137億年後の現在、宇宙は1560億光年の距離まで広がりました。空は星で満ち、太陽系には、8個の惑星が出来、太陽系の属する天の川銀河の中心をまわっています。太陽に3番目に近い地球は、炭素を基本とする生命体におおわれています。何10億年も先の未来では、人類の文明が終わり、今の地球の生命も終わります。

 50億年後の地球と太陽は、終末期を迎え、太陽の温度が下がり、赤く大きな星(赤色巨星)になって、地球にどんどん近付いてきます。地球はその熱で海が消え、地表はドロドロの溶岩でおおわれます。エネルギーがなくなり赤くなった太陽は、白色わい星へと変化します。

 太陽のまわりに惑星状星雲が出来、それがゴーストのように宇宙を漂います。

 生き残っていた惑星、土星と海王星も姿を変え、太陽のガス星雲に包まれ、岩と金属だけでできた核(かたまり)になります。

 太陽から離れた惑星は、太陽の引力から自由となり、広大な宇宙を移動し、太陽がエネルギーを失った後、何十億年か熱を温存して、旅を続けます。惑星の表面には氷がつき、そのころには、太陽は光を全く出さない黒色わい星になります。

 惑星は宇宙の暗黒エネルギー(未知のもので証明されていません。)によって、漂い続けます。宇宙の膨張速度は次第に大きくなって、重力の均衡がくずれた宇宙はばらばらになって引き裂かれます。星雲、銀河、太陽系、星、原子がちりじりになり、宇宙の暗黒エネルギー(ダークエネルギー)によってすべてがばらばらになります。これをビッグリップというそうです。これが宇宙の終りで、宇宙は誕生と死の生まれ変わりを繰り返します。そして宇宙は複数あるのではないかと、最近は考えられています。

 私が思うに、人間の文明が終わる前に、地球を離れる人間の魂は、別の生存可能な星に移動して、生まれ変わりを繰り返します。別の生物になって地球に残った人間だった魂も、地球の終りとともに別の存続の道を歩みます。その他の動物の魂、植物の魂も同じです。

 植物、動物、人間あらゆる地球上の生命は、宇宙の一部として、宇宙と一緒にうまれかわっているのです。
プロフィール

観音寺りえ

Author:観音寺りえ
アトラス研究所の観音寺りえです。

鑑定とカウンセリングご希望
の方は当研究所 
住所: 東京都文京区千石4-37-10 
TEL: 03-3942-1341
まで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード