サーペント・マウンドと1800年代アメリカのUFO

 前回のサーペント・マウンドの補足です。このヘビのような形の巨大な墳丘が作られた年代にはいろいろな説がありますが、少し前までは紀元前1000年から紀元後100年位の間のオハイオ州に住んでいた、インディアンのアデナ文化のものとみられてました。
 でも、最近は、放射性炭素年代法で紀元後1070年前後という説が有力のようです。この時代はミシシッピ文化のインディアンの方々の王国もありました。

 サーペント・マウンドは墳丘の形になっていますが、普通の墓でなく、ヘビの「頭」は夏至の時の日が落ちる方向を正確に指し、とぐろを巻いている「尾」の部分は冬至の日の出の方向を指しています。(今年の冬至は一昨日、12月22日でした。)冬至は北半球では太陽が最も低く、夜が1年のうちで一番長い日ですね。年によって違いますが、12月21日か22日です。

 サーペント・マウンドは天文学を意識して作られたようです。1070年はちょうど、当時二つの重要な天文現象が起こりました。かに座星雲ができる1054年の超新星爆発と1066年にはハレー彗星が現れた時代に重なっています。かに座星雲を産んだ超新星爆発の光は、昼間でも通常ではない輝きだったでしょう。また、夜の空をヘビのように尾をひいて通過するハレー彗星を見立ててつくったという考え方と、北米の人々にとってのヘビを表す星座がさそり座と重なる位置にあってそれにたとえたという説もあります。それと前回書いた空から来る人々の為の目印という考え方をする人もいます。つまりUFOの離着陸と関係があったのではないかという説です。


 これも、前回書いた「カウボーイ・アンド・エイリアン」の小説や映画からの影響で特集された番組「古代の宇宙人」シーズン3の17で、面白い話があります。UFOの古典的話なので、マニアの方はご存じかもしれませんが、テキサス州オーロラという8平方キロの小さな町のプロクターという判事の庭の風車に、アルミニウム(当時はあまり金属の種類が一般的でなかったのでしょうか)で出来ているような金属の飛行物体が衝突して爆発したという話です。当時は、ライト兄弟が飛行機を発明する6年前で空を飛ぶものはそれまでなかったのです。飛行物体の中から黒焦げになった小さい人のような姿の生き物がいたというのです。当時の地方紙「ダラス・モーニング・ニュース」の記事に書かれていたそうです。人間ではないけれど、小さい人間のような焼死体は教会で葬儀をして、オーロラの墓地の小さい墓石の下に、小さい棺桶に入れられて、埋葬されたというのです。その後日談として、判事は警察に自分の敷地内の飛行物体を撤去させて、その物体の破片の一部を井戸に捨てたというのです。

 時は流れて、1945年にその判事の土地をブローリ・オーツという人が買い、その放っておかれていた井戸の汚れを自分でさらい、ひどい関節炎になったという写真が残っていました。手の指の関節にウズラの卵大から鶏卵のような大きさの腫れものがいくつもありました。後の専門家は今でいう放射線による症状ではないかということです。当時は放射線など学者以外は知りません。さらった後、井戸の水を飲んだ人にも重大な症状がでたので、井戸はセメントで固められたとのことです。その後1973年にUFO研究家が墓地の調査をしたら、小さな墓石がその頃まだあって、金属レーダーで子供か小柄な人の大きさの金属の棺桶の反応があったようです。数年後に掘り起こそうとしたら、金属反応はなく墓石と墓は盗まれていたということでした。

 UFO否定派は、アメリカで近代で記録に残った一番古いこのオーロラ事件を、でっちあげの作り話といっています。でも実名が出てくるし、1945年の土地を買った人の写真と年をとって尋常でない関節炎の写真も実際に出ています。当時SF小説のはしりとして火星人の話が作られたから創作だと言う意見もありますが、1897年に人間型で背が小さい宇宙人像などなかった時に、今の宇宙人と同じような姿で記事に出てくるのは、少し不思議です。

 作り話なのか真実なのか?

 ロズウェル事件のように軍が管理した事件とは違うので、教会でお葬式をほんとうにあげたとすると、当時の人々は人情があってほほえましい感じもします。

 次回は歴史上書かれていない古代文明について調べます。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

観音寺りえ

Author:観音寺りえ
アトラス研究所の観音寺りえです。

鑑定とカウンセリングご希望
の方は当研究所 
住所: 東京都文京区千石4-37-10 
TEL: 03-3942-1341
まで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード