不思議な話 その122 ユングと曼陀羅(まんだら)

 今日はユングの話ですが、その前に、昨年2014年12月公開の実話をもとにして作られたという映画について書きます。
 原作は『天国はほんとうにあるー天国へ旅して帰ってきた小さな男の子』という話です。その少年のお父さんである牧師が書いた本を、基にした映画です。この本はベストセラーになって900万部を売り上げたそうです。臨死体験を経験した4歳の男の子の父親トッド・バーボは、キリスト教のどの宗派の牧師だかわかりません。けれども、牧師の家に住んではいますが、給料が安いのか、本職の牧師の他に町の消防士と修理のアルバイトなどをしながら、家族を養っています。いつも、経済的には、ぎりぎりで生活しているようで、ときどきお金のことで奥さんともめます。

 家族で昆虫植物園に行った帰りに、2人の子供たちがインフルエンザになり、高熱を出します。その後、4歳の長男は穿孔虫垂炎(せんこうちゅうすいえん、盲腸の重い症状でしょうか?)にかかり、生死をさまよって手術を受けます。両親とお姉さんである長女、牧師の教会の信者たちの祈りの中、手術は長くかかりました。その時に4歳の男の子は、臨死体験をします。「ボクは死んではいなかったよ。」というのですが、彼は体を抜けて、空中から手術を受けている
自分の体を見ます。そして、母親が友人に電話をかけているのを上から見て、父親が祈りながらかんしゃくを起こしているのを見ます。

 男の子コルトンは命が助かるのですが、回復後肉体から離れたことと、「僕は天国へ行ったよ」と奇妙なことを言います。この話を聞かされた、父親で牧師のトッドは、いつも天国や神の話をしているのに、自分が天国を信じていないことに、気がつきます。トッドは牧師なので、死が近い人の枕元に呼ばれて、「みくにが来ますように」と形式的に死者に祈りを捧げていました。新聞記者が噂を聞いて記事を書きますが、話が町に広がると、牧師のトッドも天国ネタで他人にからかわれたり、娘が男の子に弟のことでいじめられて、いじめた男の子たちを殴ったりします。

 4歳の息子はさらに天国で、生前会ったこともないお父さんの死んだおじいちゃんに会ったり、姉と自分の前にお腹にいたお姉さんになるはずだった女の子に会います。胎児だった女の子は天国では成長していました。また、メガネをかけて、年をとって亡くなったおじいちゃんにも会ったのですが、彼は若返っていました。牧師が若いころのおじいちゃんを息子に見せると、会ったのはこの人だよと言いました。牧師は息子のことばをだんだん信じて確証を持ち始めます。

 牧師のトッドは超心理学の教授に科学的な説明を求めに行きますが、答えは見つかりません。トッドは信仰を見つめなおさざるを得ません。「天国はあるのか、死後の世界はあるのか?」という問いに対して、死んだら分かるけれど、死んだら生きている人に教えられないという矛盾があります。

 町の信者たちの一部や教会の役員たちは、この天国の話に皆の常識からかけ離れている為、トッドをその教会の牧師から解任しようとします。コルトンはさらに天国で、キリストに会ったといってその風貌を語ります。彼らの住んでいるアメリカの裏側の国にいる少女も臨死体験をして(これも実話らしいです)、その間に天国を見て来て、その絵を描き続けます。牧師は、ネットでその絵を見つけて息子に見せると、息子コルトンの会ったキリストの姿と一致したのです。

 町の人々は牧師の説教に感動して、TVからも取材が来て、トッドは牧師の職が続けられることになり、そのあと本を書いてベストセラーになるのです。息子のコルトンは、「その人の心にイエスがいないとだめ、もし、心にイエスがいなかったら、天国に行けないし会えないんだよ」と言いました。

 この映画を見た私の感想は、実話をもとにしているので、その現実性を持たせるため、凡庸な作りになり、盛り上がりに欠けた宗教映画のようではありますが、その中の事実の一部は光っているなと思いました。この4歳の男の子の見たものは、私がいつも言っている中間生の入り口に行って見たものです。

 私がいつも言っているように中間生(あの世と言われているところ)には物質はないですし、人間の考える天国や地獄や、どちらかに振り分ける審判はありません。けれども、その人が生きて信じて、想像した死後の世界が広がっています。キリスト教徒の天国だけがあるわけではないのです。生前にイスラム教であったら、イスラム教の天国に行き、その神に会うことがあるかもしれません。ユダヤ教徒だったら、ユダヤの神に会うかもしれません。ヒンズー教徒なら、ヒンズーの神、仏教徒ならお釈迦様にあうかもしれません。

 何の信仰も無い人は、宇宙人のような人に会ったり、ガイドのそのままの姿に会います。生きている時に悪いことをしたと自覚して、地獄に行くことを切望した人は、罪悪感の為に、地獄の世界を作り上げるかもしれませんが、実際には地獄はありません。行くところが皆違うようにみえますが、どんな国でも、どんな民族でも、どんな宗教でも、善人でも悪人でも、どんな貧しい人でも金持ちでも、名もない人でも身分の高い人でも、生まれ変わりのシステムに組み込まれていることはみんな、平等で一緒です。

 さて、後半はユングの話です。心理学者のユングは、悩みが深くなった中年期に、自分の生き方、研究の方向性についてうつうつとしていたそうです。そんな時に、ユングはよく、円形の絵を描いていました。なぜ円形の絵を描いてしまうのか最初はその意味を理解できなかったそうです。精神的に安定している時にはきれいな円になりますが、心が不安定な時はその描く円がいびつになることに気付きました。

 そして、ユングは自分の描いた円と東洋で瞑想の時に使われる曼陀羅「マンダラ」との共通点に気がつきました。「マンダラ」とは仏教の時代のサンスクリット語で「円」を意味する言葉です。このマンダラ、「円」は理想的な精神状態を表わす言葉として使われます。人間は「したいけれども、できない」とか、「好きだけれども、嫌いだ」とか自分の中で相対立するさまざまな感情を持ちます。マンダラにはそれを統合するという意味もあります。

 ユングがマンダラを知ったきっかけは友人のリヒャルト・ヴィルヘルムという人から贈られた東洋哲学の訳本からだったそうです。ユングはその後、東洋哲学に興味を持ち、熱心に研究するようになったということです。

 次回にこの続きを書きますね。
スポンサーサイト
プロフィール

観音寺りえ

Author:観音寺りえ
アトラス研究所の観音寺りえです。

鑑定とカウンセリングご希望
の方は当研究所 
住所: 東京都文京区千石4-37-10 
TEL: 03-3942-1341
まで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード