不思議な話 その145 男女の脳の違い(2)

男女の脳の違いを見ていきましょう。男女の脳の違いは恋愛での助けになったり邪魔になったりすることがあります。

ナショナルジオグラフィックの番組で、「脳トリック(性別) 」というテーマをやっていました。性別による、脳の使い方の違いを実験で考察していて面白かったです。

 一般的に男性は方向感覚に優れ、女性は人の顔の見分けるなどの記憶に優れています。性の違いはものの考え方に影響してきます。男が男らしくなるのは、教育のせいか、遺伝のせいか、女が女らしくなるのは、環境のせいかホルモンのせいなのでしょうか?男女の行動や考え方の違いは、男女の脳の違いに関係しています。

 番組ではいくつかの実験をして男女の脳の違いを検証しようとしました。まず、いろいろな赤色を紙の上に描いて、男性と女性に見せたところ7つの色のパネルが全部違う色だと見分けられたのは全員女性でした。私も画面を見ていて7色の違いが見分けられましたが、男性は4種ぐらいしかわからない人が多いそうです。デザインなどをやっている人は男性でも全部見分けられるかもしれませんが、女性が男性より赤い色を細かく見分けられるのは、女性の脳が古代から赤い実を食料として収穫していたので、歴史的に赤い色を見分ける脳が発達したと言われています。栄養価の高い赤い実を家族に食べさせるために、赤い実の色を細かく理解する必要があったからです。

 これに対して、立体図形や図形パズルは男性の方が、早く見分けることができます。空間認識能力は男性の方が女性を上回る事が多いのです。男性が道を覚えるときは、東西南北の方向で考えますが、女性は建物や道にあるものの記憶で覚えようとすることが多いです。男性は脳内にコンパスを持っていると言われ、地図をみるのが、女性よりは得意です。これは、古代に狩りが仕事だった男性が家を出て、狩りをし、また、家族に獲物を持って家族の待つ家へ帰ってこなければならないので、すぐれた空間認識能力ができたといいます。

 数組のカップルに指示のとおりにゲームをして、お互いに見えないようにして、どちらが先にゲームを終わらせられるか、競争させたところ、男性は勝ちたいあまりに、指示をキチンと読まないで行動してしまいがちで、女性は最後まで指示を読んで勝つという実験がありました。男性は競争心が強く慎重さに欠け、女性は注意深く、指示に従うのが得意という結果になりました。

 また、カップルに、車のトランクの満タンに入っている荷物を、入っていたのと同じように積み直しをさせるという競技では男女のどちらが早く正確に積み直しが出来るか、実験したところ、女性は記憶力に頼って、トランクの荷物を積み直そうとして、なかなかうまく行かず、男性は空間認識で、どうすれば上手く入ってトランクが閉められるかを優先したので、男性の勝ちが多い結果になりました。

 12枚のパネルに同じ人の顔を2枚ずつ6人分入れてあるものを数秒見せられて、神経衰弱ゲームのように同じ顔を選ぶゲームでは、女性が圧倒的に勝利しました。人の顔を見分けるのが、男性より女性の脳のほうが得意なのです。

 もちろん、例外もあるでしょうし、女性の中にも男性脳優位な人もいれば、男性の中にも女性脳優位な人もいるかもしれません。

 番組の話以外でも、女性は男性より左脳と右脳をつなぐ脳梁が20%ほど太いので、直感力が優れていると言われています。だから、男性の浮気を細かいしぐさや口調などから見分ける能力があるとか、第6感が良いとか言われます。

 男性は、自分の居場所を含め、上下の位置関係を気にしますので、より社会的であると言われます。どちらが上かどちらが下かを気にします。恋愛や夫婦生活での喧嘩の原因がこの上下関係の位置づけが原因のこともあります。男女で同じ目線で上下関係を争うと、恋人同士でも夫婦でも別れることが多くなってしまいます。

 男性は古代の狩りをして獲物を取ってくるのと同じような心理で仕事に行っているので、安全な帰る場所を作ってあげると、其の女性のもとに帰って来ます。男性は自分のいつもやっていることやお定まりの1日の儀式のようなものを大切にします。それを尊重しないと、大変不満を持ちます。男性は、古代から長らく狩りをしてきたので、わかりやすい目標を決めて、その目標を達成することを喜びとします。そして、家庭内や付き合っている恋人同士で、小さくても役割を与えたり、目標を与えたりすると自分がいないとダメだろうといって、張り切ります。

 男性は女性とのつきあい方を、本来は動物的に多くの女性と付き合いたい本能を抑えこんで、理性で1人の女性と付きあおうとしています。それを理解していたほうが、女性はスムーズに男性と付き合えるかもしれません。

 逆に女性は、一人の男性と巣作り(家庭作り)をしようとして、男性に自分一人を守る誠実さを要求します。つまり、他の若い女性によそ見をされることを嫌います。女性は男性から、仕事で褒められるよりも、自分への励ましや、理解のある言葉をかけられたほうが嬉しいかもしれません。

もちろん、男性脳、女性脳の違いだけでは割り切れない複雑な感情もそれぞれの性にあり、例外もあります。次回はまとめをしながら、男女の恋愛に役に立つ話を考えましょう。
 
スポンサーサイト
プロフィール

観音寺りえ

Author:観音寺りえ
アトラス研究所の観音寺りえです。

鑑定とカウンセリングご希望
の方は当研究所 
住所: 東京都文京区千石4-37-10 
TEL: 03-3942-1341
まで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード