不思議な話 その223 自分で自分を理解するということ。

ディスカバリーチャンネルで6シーズンも放送された俳優のモーガン・フリーマン氏の「時空を超えて」は面白いテーマが多いです。その中でも、「私とは何者なのか?」自分を自分たらしめるものは何なのか、という話が面白かったので、要約して感想を書きますね。

自分と他人との区別は、人はいつごろからするようになるのでしょうか?児童心理学者のアリソン・ヴォクニックさんは、人間は自分を認識するのはいつからなのかを研究しています。大人になると1分前の自分と現在の自分が、同じ人間であることを、当然のように思っていますが、幼児は異なるというのです。「鏡像段階」というのがあって、自分と鏡に映る自分が同じものであることを認識出来るのは(個人差もあると思いますが)、2歳近くになってからだそうです。これを「自己発見の第一歩」と呼ぶようです。

信じることが変わっても、自分は自分である、と理解した時、子供たちは「記憶」というものを使うことが出来るというのです。(どうも、この「記憶」というのが、自分を自分たらしめているのに大きな役割を果たしているようです。)ニュージーランドのオークランド大学の神経学者ドナ・アディス氏は脳の海馬(記憶に関係ある脳の部分)を研究しています。1950年代から海馬は記憶をつかさどるということは、知られていました。ある重度のてんかんの男性患者は、1953年に治療で、問題の脳の一部を切除してもらいました。手術によって、てんかんの発作は起きなくなりましたが、新しく記憶をつくる能力が、完全に失われてしまいました。(私が思うに現在は、脳の萎縮や血管の障害でその部分にダメージがあると、認知症患者も、短期記憶が残念ながら、ダメになることがありますね。)

その患者は、そのような状態を、「毎日、夢から醒めるようだ」と表現しました。彼は、手術を受けた27歳以降から、「自分は何者か?」といった感覚を失ったままになったのです。記憶がなくなると何か、恐ろしい感じですね。彼は、数十年後には、鏡にうつる姿を、自分だと認識できなくなりました。彼は記憶を失うと同時に、自分とは誰かという感覚を失ってしまったのです。

神経学者のドナ・アディスは「昔から記憶の研究は、時制での過去にばかり注目されていましたが、現在は、記憶が未来を想像する能力にどのような役割を果たしているのか、確認する実験をしています。被験者に思い出を100個ほど呼び起こしてもらい、それらは、大切な人や物と結びついていました。1週間後に被験者たちにまた来てもらい、前回呼び起こした記憶に関する単語を聞かせ、脳の活動を観察します。そこでは、人、場所、物などの単語がごちゃまぜにします。それらごちゃまぜの記憶からまだ起きていないが、未来に起こりそうなものを被験者に想像してもらいます。目の前に指示された人、場所、物から今後5年ほど先に起こりそうなものを提示してもらいます。未来を想像している間に、脳のどの部分が活発に活動しているかを探ると、記憶と関係している海馬が活発に活動していることが分かりました。海馬は何かを覚えるだけでなく、未来のことを想像するのにも大切な役割を果たしているのです。自分という意識は、過去の記憶の中の自分と、これからなりたい未来の自分という2つによって成り立っているのです。」と言っています。

ドナ・アディス氏は、過去の自分を忘れつつある人々、アルツハイマー病の人々も研究しています。その研究では、「家族は記憶を失いつつある患者のことを、すっかり人が変わったといいますが、過去の記憶の中にその人の本質があるのです。記憶を失うことで、その人の本質が失われるのです。記憶は自分が何者であるかという意識を作り、未来の為にも重要なものです。」とアディス氏は言っています。

記憶は私達の自己を決定する、私達のアイデンティティに欠かせないものなのです。しかし、記憶が書き換えられるとしたら、私達の本当の自分はどこに行ってしまうのでしょうか?人間のものを覚える能力は抜きん出ていて、平均的な人でも10万の単語を覚え、1700人の人と知り合い、1000冊の本を読むことが出来ます。人はこうした蓄積の上に、自らのアイデンティティを作り上げます。一人一人に独自の記憶パターンがあるそうです。

記憶はビデオ録画のように正確でなく(一部の天才的な病的な写真のように記憶する人々を除き)普通の人々の記憶は、他人の意見に影響されます。記憶は事実と違っている場合があります。(たとえば、事件の目撃者や洗脳された人の場合、たまに記憶のすり替えが起こります。)たえまなく社会から与えられる情報によって、私達のアイデンティティは形を変えることもあるようです。

私達のアイデンティティを意図的に再構築できるのでしょうか?たとえば、自分を否定しがちだったりした人が、自己肯定観を持つとか、自信を持つということも、可能だと思います。

次回は、この続きを書きますね。いつも読んでいただき有難うございます。

告知ですが、5月14日、日曜日の夜6時半から7時54分のテレビ東京さんの「もやもやさまーず」田端にアトラス研究所が、ちょこっと出ます。よかったら御覧ください。
スポンサーサイト
プロフィール

観音寺りえ

Author:観音寺りえ
アトラス研究所の観音寺りえです。

鑑定とカウンセリングご希望
の方は当研究所 
住所: 東京都文京区千石4-37-10 
TEL: 03-3942-1341
まで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード