不思議な話 その233 南極大陸のミステリー(2)

前回の続き、南極大陸についてです。ピラミッド型の建造物は、エジプトを始め、南米のペルー、インドネシア、など世界各地で、発見されています。探査機の映像からですが、火星や月にもピラミッド型の建造物があるのではないかと言われています。地球上の最も古い建造物が南極にあるかもしれないというのです。世界中に存在するピラミッドは、その目的が分かっていません。レアな意見ですが、ピラミッドが発電装置であり、先端から電気エネルギーを無線で転送していたのではないかというのです。(まるでニコラ・テスラが考えた電気の転送方法に似ていますが・・・)

『古代の宇宙人』#101では、高度な技術を持った古代の宇宙人が、ピラミッドをエネルギーの動力源として、世界中のピラミッド同士で電気を転送してエネルギーを融通して使うことができたのではないか、という奇想天外な説があります。もし、そのようなことが出来るのなら、南極大陸にピラミッドがあってもおかしくないというのです。ピラミッドの型のデザインは、どこから生まれたのでしょうか?その起源は南極大陸にあるのでしょうか?

人工の建造物が1200万年前の氷の下に埋まっているということがあるのでしょうか?南極が氷に覆われていたのは、科学者たちが考えるほど昔ではないと言う人がいます。氷のない南極大陸の詳細な地図があるそうです。

2012年ロシアのシベリアで、血液や体毛が凍結されたマンモスが、そのままの姿で氷の中から発見されました。その姿は突然動きを止められたような姿だったそうです。氷の中で発見された10数頭のマンモスは、口の中にまだ食べ物が入っている者や、胃の中に温暖な気候で育つ食べ物が入っていました。マンモスがいた時期は温暖と、寒冷な気候が繰り返されていたのでしょうか?

1958年ハーバード大学の科学者チャールズ・ハップグッド博士は、『地球の移動する地殻』という本を発表しました。その本の中で、博士は地球の表層部を覆う地球の地殻の一部にかつて、急激な変動が起きたのではないかと考えました。この地殻移動理論は12000年前に南極がもう少し温暖な地域にあったのではないかといっています。彼の説によると、かつて北極は、アメリカのニューヨークのハドソン川の位置にあったとも言っています。それが、現在の北極の位置に移動したという説なのです。南極でもそれが、地殻の移動と同じように厚い氷に囲まれました。博士は、1万2000年前に、そのような大きな地殻変動があったと主張しています。地殻の複数に塊ができて、南極大陸は、短い時間で今の位置に移動しました。ハップ・グッド博士によると、南極大陸は今の位置に、数ヶ月という大変短い期間に移動したというのです。

そのような地殻変動に襲われれば、すごく短期間のうちに氷に包まれる可能性があるというのです。それは現代でも、条件がそろえば、起こり得るかもしれません。この博士の説は主流ではありませんでした。けれども、同年代の有名な物理学者アルベルト・アインシュタイン博士は、この説に感銘を受け、ハップ・グッドのこの本の序文を書いています。1960年に自分の説の裏付けをするために、ハップ・グッド博士はアメリカ議会図書館を調べました。彼は、1531年に発行された不思議な地図を発見しました。フランスの数学者で地図学者のオロンティウス・フィネウス(オロンス・フィネ)が作成したその地図には、氷のない南極大陸の地図が描かれていました。極点はもちろん、南極圏という文字まで書かれていました。氷のない海岸線は極めて正確で、海岸付近にある山や川、離れた島の位置まで一致していました。ただ、面積は、他の大陸の割合に比べると、南極大陸が4倍の面積になっています。これについて、アメリカのキーン大学の教授が詳細な検証を行った結果地図は、複数の古地図をもとに描かれたと、教授は推測していて、計算のミスで面積が4倍になったのだろうと言っています。(文明の時代の古代で、古地図の描かれた時代に南極の氷がなかったことなどあるのでしょうか?)南極大陸の発見は1800年代なので、氷の下の正確な地形は、航空写真や人工衛星などの空から見えるものがないと、分かりませんね。1500年からしたらその約300年後に発見された大陸が、その発見の300年以上前に描かれていたなどということは、ありえません。

気候学者は南極大陸がこのように氷のない状態であったのは、少なくとも現在から6000年以上前だろうと言っています。オロンス・フィネは何千年も前の地図を、手にいれたのでしょうか?

さらに不思議なことには、1960年代のアメリカ空軍の地図制作者にハップ・グッド博士がこの地図を見せると、数百年前に作られたのに、この地図には高度な三角法が使われており、驚くほど正確だと感想を述べられました。16世紀に作られた地図なのに、現在の技術で測定されて、上空130キロ以上の高度でないと、この地図は作成できないと言っています。

続きは次回にします。
スポンサーサイト
プロフィール

観音寺りえ

Author:観音寺りえ
アトラス研究所の観音寺りえです。

鑑定とカウンセリングご希望
の方は当研究所 
住所: 東京都文京区千石4-37-10 
TEL: 03-3942-1341
まで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード