不思議な話 その234 南極大陸のミステリー(3)

英国のタブロイド紙のサン紙は時々、変わった記事も載りますが、2016年12月28日の記事に、南極大陸の地下に直径が243キロメートル、深さ、最大で、848メートルの巨大な人工物か、何らかの物体があり、科学者達が困惑しているというのです。研究者達の中には、これは、かつての数億年前の地球の恐竜を一掃させた、小惑星の痕跡だと考える人がいます。その大きさは、メキシコのユカタン半島に衝突したチクシュルーブ天体の2倍以上の大きさの小惑星の跡だというのです。この小惑星の衝突は、2億5000万年前のペルム紀の大量絶滅を引き起こした可能性があるそうです。この時の大量絶滅では、地球上の海洋生物の96%、陸地に生息する脊椎動物の70%が絶滅したと考えられています。

この南極大陸の地下の謎の物体は、NASAの重力測定衛星グレースの観測によって発見されたそうです。2006年に南極圏のウィルクスランドの地底に直径約480キロメートルの重力異常を発見したもので、「ウィルクスランドの重力異常」と呼ばれています。この重力異常の原因に様々な説があって、先程の遠い昔の小惑星の残骸があるというものや、南極の地下には超古代文明の跡があるという人や、巨大なUFOの基地があるという説や、地球の一部の空洞に今でも何らかの地下都市があるという人もいます。小惑星説を含めたどの説にも、それを示す証拠は、まだ出てきていません。

噂の範囲では、第二次世界大戦中にドイツのナチスが、飛行機の発着ができるように設計された秘密基地を南極大陸に作ってその証拠もあると主張している人もいるようです。

また、『古代の宇宙人』の話に戻りますと、遠い、遠い過去の地球の大変動を描いたエジプトの壁画に残された物語があるそうです。ナイル川のほとり、エジプトのエドフに、エドフ神殿があります。この神殿は、BC273年に建設されたエジプト最大級の神殿です。作家のロバート・ボーバルさんによると、「エドフ神殿は、重要な遺跡で、その遺跡の内部は、文字で覆われています。それは、エドフテキストと呼ばれています。そのテキストでは、世界の創造の話、空から降りてきた強力な神々が、地球を作ったと言っています。原初の島が最初に作られました。二人の神が大洋の中央に島を作って、世界創造が始まりました。原初の島に住んでいたのは、奇妙なものたちで、それは、3つのグループに分かれていました。「賢者」「建設者」「シェブティ」の3つです。シェブティは謎が多く、水の中から現れたといいます。エジプトでは複数の神がやって来て、最初の神殿を建てた、と信じられています。こうして、エジプトに世界で最初の神殿が建てられ、創造主達は、世界で最初の神殿を建て終わると、大きな鳥にのって空へ舞い上がっていったと信じられています。古代のエジプト人達は、神殿の壁に描かれたエドフテキストは、真実だと信じていました。エドフテキストによれば、全ての神が去ったわけではなくその島の何世代もあとに、恐ろしい運命にさらされた環境を整えて、次の世代に仕事を引き継ぎ、去ってしまった。その後残された人間たちの間で戦争が起きた。はやぶさを象徴する彼らの神は、蛇で象徴される敵と戦いました。蛇が空に現れると、一瞬暗闇が起こり、聖なる島が破壊されました。その後洪水が起こり、洪水がひくと、元いたものたちはいなくなっていました。敵の蛇とは、太陽系内に入った彗星が地球に接近したのか、それとも、ミサイルのような武器だったのでしょうか?宇宙人の乗り物なのでしょうか?エドフ神殿の壁に描かれた古代の大惨事の記述は、自然事象を説明したものなのか、あるいは、氷のない南極大陸に存在した古代文明を滅ぼすための、地球外からの攻撃だったのでしょうか?」といっています。

この物語に従うと、南極大陸付近の氷の下に、古代文明の遺跡がうもれているのでしょうか?先程のナチスの噂は基地こそないかもしれませんが、1938年12月にドイツのハンブルグで、ヒットラーが総統になって4年目に独裁政権を確立しました。第二次世界大戦直前に、ヒットラーは人員をつぎ込み、南極大陸の古代の遺物を探し始めました。33人のトゥーレ協会の主要メンバーが32日で南極大陸に到着しました。ヒットラーは北極か、南極にあるというアーリア人の発祥の地を探していたそうです。メンバー達の一部は、地球外生命体や、地底に暮らすという人々と交信できるとする、神秘主義者か霊媒師から、高度な技術を教えてもらっていたというのですが、噂の域のはなしなのでしょうか?本当の話なのでしょうか?ナチスの人々は、南極大陸に、古代の高度な文明の情報があると信じていました。彼らは氷の下の大陸の地形を研究し、その地図を作成し、南極大陸に21基地という地下司令部も作ったというのですが、その真偽はわかりません。

潜水艦を持っていた彼らは、厚い氷の下に古代の遺跡があることの何らかの証拠をみつけたのでしょうか?また氷の洞窟や、水中の洞窟や、地下都市をどこかでみつけたのでしょうか?地下都市があることを知っていて、戦争が終わる前にそこに逃げたという都市伝説のような話もあります。

次回は南極大陸の話のまとめと、新しいテーマを探しましょう。
スポンサーサイト
プロフィール

観音寺りえ

Author:観音寺りえ
アトラス研究所の観音寺りえです。

鑑定とカウンセリングご希望
の方は当研究所 
住所: 東京都文京区千石4-37-10 
TEL: 03-3942-1341
まで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード