あなたの過去世情報を今に役立てるー第14回ー生物と自然と未来

 今年の最後のブログです。今回は過去世と直接関係がないテーマかもしれませんが、生物に関することです。
アメリカ時間で12月2日にNASAが「将来の地球外生命体の探索に影響をあたえる宇宙生物額上の発見」という長い題で発表の予告をしました。ネット上では、宇宙人の発見を公表するのかと多くの人が考えたようです。でも、
発表されたのは、宇宙人の存在を発表することでなく、生物学上の発見でした。リンのかわりに人間にとってもほとんどの生物にとっても毒になるヒ素を体にとりこんで、生きることが出来るバクテリアが地球上で見つかったというものでした。そのバクテリアがアメリカのカリフォルニア州東にあるモノ湖で発見されたというニュースでした。「宇宙人?」を期待していた人には「なーんだ」というニュースかもしれませんが、地球上の生物にとっては、革命的なことなのかもしれません。

 つまりこの地球上でも、今の生物と同じ組成のアミノ酸やたんぱく質でできている生き物でなくても、生物がより複雑になって、なんらかの手が加われば、複雑な仕組みの高等生物が、繁栄することが可能だということです。SF映画のように緑の肌や、緑の血液の動物や植物と動物の間のような高等生物も出てくることがありえるかもしれません。

 生物はその星にあったものが、繁栄するというルールがあるとすると、地球環境が変化した時には、その環境にあった生物が出て、進化というか退化というか、それぞれに適合してくるのです。来世をみていると、まだ少ない情報ですが、早くて数百年後に、地球環境の変化が来ます。ブログを長く続けていけるのならば、来世から見た、遠い未来の情報を少しずつ、毎年の年末に書いてみたいと思います。

 ですから、2012年は通常の天災や経済的な破たん以外では、人類に関わる重大なことがその年内にあるということはありません。地球の人口の半分が肉体から抜けたり別の次元に行くこともないのです。そのかわり、数百年後に地球環境が変わった時は、今の人間の状態では生存できないほどの過酷な状況になります。これは単に人間が出している二酸化炭素とは何の関係もありません。地球温暖化とも関係なく人間には防ぐことが出来ません。

 地球環境はその後長い長い年月を経て、別の生物、その時の環境にぴったりと適合した生物が栄えます。細胞の組成が今と少し違います。今の人類のDNAやデータはどうなるかというと、魂は今の姿や形を変えて地球に残るか、DNAのデータや記憶を持って、似たような環境の星を目指して魂の集団が変わった形の船のようなものに乗って移動します。船というよりは、球体の魂がものすごい数乗っているカビの胞子のような魂の乗り物です。その乗り物は宇宙空間にとてもたくさんあります。カメラにも映らないし、人間の眼には認識できないかもしれません。その残るか移動するかということは、各魂の意志で、人間の考えたどの信仰や神によって決まるものではありません。善行も悪行も関係なく、それは、各自の意志だと思います。その時の前から生まれ変わりはストップして、いわゆるあの世(中間生)で待っているものが、通常でない数に上ります。その時は魂の振り返りを悠長にやっている場合ではないので、たくさんの魂が各人生の振り返りをしないで待ちます。地球から出ていく者も、残るものも、どちらがランクが上とか下とかは一切ありません。天国も地獄もないし、最後の審判もありません。あるのは自分の選択です。いろいろな未来の断片を見ていると、奇想天外に映るかもしれませんが、そんな結論が出てきます。これを人間からすると無限にみえる時間に繰り返していたようにしか見えないのです。

 今の人生を生きている我々にも我々の子供や孫たちにも直接関わりが無いかもしれません。数百年が運よく数千年にのびるかもしれません。でもその日は必ず来ます。

 変わったテーマになってしまい、表現能力がまだ稚拙で分かりにくいかもしれませんが、今の人生はしっかり生きていくのが魂の為にも一番だと思います。来年のテーマは年が明けてからまた、考えます。

 読んでくださっている皆様、良い年をお迎えください。

 
スポンサーサイト
プロフィール

観音寺りえ

Author:観音寺りえ
アトラス研究所の観音寺りえです。

鑑定とカウンセリングご希望
の方は当研究所 
住所: 東京都文京区千石4-37-10 
TEL: 03-3942-1341
まで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード